長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」

長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」

記事詳細


紹介している商品


実は、じゃがいもの生産量日本2位は、長崎

長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」

最近、農業がブームです。以前はあまり注目されなかったり、後継者不足や儲からないなどと散々言われていた時期もありましたが、今や若者が継いだり、新規参入したりと目覚ましいです。もちろん日本全国、様々な地で生産されています。野菜の産地というとどこを思い起こすでしょう?キャベツで有名な群馬、なすで有名な高知……。じゃあ、じゃがいもと言えば?北海道という声が多いですね。たしかに平成24年度の農林水産の発表ですと北海道が1位で77.5%。でも、実は2位は4.6%と極端に少なくはなりますが長崎県なのです。そんな長崎県で、じゃがいもを使用したスイーツで、今、話題。しかもキャラメルです! それが「手作りキャラメル じゃがメル」。さらに驚くことに、長崎空港ビルディング株式会社と長崎県雲仙市の沖田製菓舗との共同開発商品。長崎空港から県内外へ長崎の持つブランド力を発信できるお土産づくりを目指して、商品の素材からパッケージデザインまで長崎産にこだわったそう。

最初はキャラメルの甘さ、次にじゃがいものザクザク感

長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」

じゃがいもは雲仙産100%を使用、ノンフライ製法でチップス にしたじゃがいもを濃厚なキャラメルでコーティングしたタイプなので、じゃがいもの素材の良さがしっかりと感じられます。最初はキャラメルの甘さが来ますが、途中からチップスのザクザク食感へと味の変化が楽しめる新感覚! また、一目で素材のじゃがいもが判るよう「じゃがいものダンボール箱」をミニチュア化したパッケージで、長崎在住のデザイナー古賀正裕氏が担当。超こだわっていて、パッケージの内側にもメッセージが書かれています。長崎の真剣さから誕生した、まさに逸品。長崎空港での限定発売です!

※掲載情報は 2016/12/04 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
長崎の名産品じゃがいもがキャラメルとコラボレーションした「じゃがメル」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

はんつ遠藤

フードジャーナリスト

はんつ遠藤

東京在住。早稲田大学教育学部卒業。海外旅行雑誌のライターを経て、テレビや雑誌、書籍などでの飲食店紹介や、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリストに。ライターとして執筆、カメラマンとして撮影の両方をひとりでこなし、取材軒数は8000軒を超える。全国のご当地グルメの知識と経験を活かし、ナムコのフードテーマパーク事業にも協力し、現在、東京・大手町のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」の名誉館長も務める。『日経トレンディ』にてトレンドリーダーにも選出。「週刊大衆」「JAL(Web)」などに連載中。また近年は料理研究家としてTVラジオ雑誌などで創作レシピを紹介している。著書は『はんつ遠藤のうどんマップ東京・神奈川・埼玉・千葉』(幹書房)、『おうちラーメンかんたんレシピ30』『おうち丼ぶりかんたんレシピ30』『全国ご当地やきとり紀行』など25冊。

次へ

前へ