2014年を振り返る幸せの一口10選

2014年を振り返る幸せの一口10選

記事詳細


10月30日にippinサイトオープンしてから2か月、多くの皆様にご支援いただき2014年を終わることができます事を感謝申し上げます。秋の味覚ものからクリスマスまでさまざまな記事で、たくさんのippinを紹介させていただく事ができました。本年最後の記事として2014年最も話題性の高かった記事をご紹介します!

皆様、良いお年をお迎えください。

2層のクリームが奏でる絶妙なハーモニー/ハウス オブ フレーバーズのチーズケーキ

2014年を振り返る幸せの一口10選

食生活ジャーナリスト岸朝子さんがおすすめする、鎌倉山の閑静な住宅街の一画の「ハウス オブ フレーバーズ」、料理研究家としても知られるホルトハウス房子さんが経営する洋菓子店のチーズケーキ。しっとりとしていながら香ばしいグラハムクラッカーの生地、濃厚なクリームチーズとさわやかな酸味のあるサワークリームのチーズの3層を同時に口に含むと、えもいわれぬ絶妙なハーモニーが広がるそうです。大切な人との特別な時間を過ごすときのデザートにはおすすめのチーズケーキです。

栗を存分に楽しめるゴロゴロ栗のケーキ/足立音衛門の栗のテリーヌ「天」

2014年を振り返る幸せの一口10選

足立音衛門の本店は京都の丹波福知山にあり、その丹波の盆地特有の気候で育った栗はでんぷんたっぷりでほくほくの味わいです。低糖度での仕上げることにより、ぎゅっと実のつまった栗の風味を楽しむことができます。脇を固めるイタリア栗も丹波栗と同じく、粒がきれいで形が整ったものしか使用しないというこだわりです。文筆業&フードスタイリストで自称栗フェチの近沢晋治さんが禁断症状が出てしまうほどのケーキだそうです。食欲の秋、秋の味覚に最適なケーキです。

話題のアントルメグラッセ!アイスケーキ/グラッシェルのクリスマス限定品

2014年を振り返る幸せの一口10選

「アントルメグラッセ」と呼ばれる今話題性のアイスケーキ。グラッシェルのクーロンヌ(店舗限定50台)とクリスマスシャルロットは、「パティスリー ユウ ササゲ」のオーナシェフである捧雄介さんがおすすめするほどの、見た目、味ともに高いクオリティー!2014クリスマスシーズン注目のケーキです。

プリン協会の発足後、最も衝撃を受けたプリン/美味料理研究所ぷりんやさんの奥沢ぷりん

2014年を振り返る幸せの一口10選

国際プリン協会会長 たんのえみさんが、プリンの中でも特別な存在だと語る、美味料理研究所ぷりんやさんの奥沢ぷりん。ずっと舌の感触が忘れられない、なめらかか固めかといった単純に分ける事が出来ないというほど、他にはない独特の食感なんだそうです。数あるプリンを食してきたプリン協会会長のたんのえみさんが衝撃を受けたという衝撃的なプリンです。

スイートポテトみたいな壷焼きいも/やきいも日和のやきいも

2014年を振り返る幸せの一口10選

こちらはご当地グルメ研究家の椿さんがおすすめするのは、やきいも日和のやきいも。その理由は、おしゃれなパッケージとスイートポテトのようにしっとり濃厚な甘さ。

「壺焼いも」という大正時代から伝わる調理法で、練炭の遠赤外線で1時間かけて丁寧に蒸し焼きにしているので、焦げずに中までしっかり火が通り絶品の焼きいもが出来上がるそうです。手間がかかる上、一度にたくさん焼けないですが、食べると驚くほど柔らかくなり、冬になると食べたくなる一品です。

幻の和栗モンブランパイ/パティスリー・エチエンヌのモンブランパイ

2014年を振り返る幸せの一口10選

和栗を使用しているため、栗がなくなり次第販売終了してしまうパティスリー・エチエンヌのモンブランパイ。「パティスリーSAKURA」のシェフ・パティシエである森大祐さんが尊敬する元上司のお店のモンブランパイ。「第10回 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2007」で総合優勝した世界チャンピオンにもなった方だそうです。素材を生かした商品が多く、和栗を使っているのも特徴的です。毎年11月中には終了してしまう幻のモンブランパイです。

クリームがパンパンに詰まったシュークリーム/ホテルイースト21ベーカリーショップ アンのシュードームとやわらかプリン

2014年を振り返る幸せの一口10選

クッキー生地をのせて焼成するフランス風のパリッパリの皮に、カスタードと生クリームを合わせた絶妙の甘さと軽さを持ったクリームが、パンパンに詰まった「シュードーム」。食感と甘味、食後の充足感のバランスが絶妙!そして「やわらかプリン」は柔らかすぎず、プリンらしい香りも十分!料理写真家の今清水隆宏さんが、子供のころの思いが満たされたという夢がいっぱいのシュークリームとプリンです。

パティスリー界のピカソが生んだ花びらケーキ/ピエール・エルメのタルト ローズ エ ジャスマン

2014年を振り返る幸せの一口10選

見た目だけではなく、一口食べると、幸せに満たされる美味しさ。バラとジャスミンの香水を彷彿させる、さすがはパティスリー界のピカソという衝撃的な花びらケーキです。スイーツコンシェルジュの佐藤ひとみさんが「『あぁ、この組合せは本当に香りの華やかさがすごい』と感動する世界を感じる」と語る魅惑のケーキです。

妥協のないこだわりケーキ/グランド ハイアット 東京のクリスマスケーキ限定のストロベリーショートケーキと、モザイクケーキ(限定20台)

2014年を振り返る幸せの一口10選

「パティスリーSAKURA」のシェフ・パティシエである森大祐さんが以前勤めていたという「グランド ハイアット 東京」の2014年のクリスマス限定 ケーキ。材料や素材もいいものを使用して妥協のなさ、商品への気の遣い方、一つ一つにかけるこだわりは、森さんも感服していました。クリスマス限定になりますが、ホテルならではのこだわり感を感じられるおもてなしケーキです。

ドイツの伝統菓子/グランドハイアット東京フィオレンティーナ ペストリーブティックのシュトレン

2014年を振り返る幸せの一口10選

ippinではこの冬、世界の冬のスイーツをご紹介していきましたが、中でも特にドイツのシュトレンは、パン屋さんでも見かけることが多くなり、徐々に日本でも浸透してきていることを感じた一品です。Ippinでご紹介いただいた方も多く注目度の高さがうかがえるシュトレンです。

※掲載情報は 2014/12/31 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
2014年を振り返る幸せの一口10選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ