これまでのコンビーフの概念を変えてくれた一品!『腰塚』の「手作り極上コンビーフ」

これまでのコンビーフの概念を変えてくれた一品!『腰塚』の「手作り極上コンビーフ」

記事詳細


紹介している商品


シンプルな美味しさを求めて、辿りついたコンビーフ

これまで、コンビーフは脂っぽくて、どちらかというと苦手な食材でした……。

ひとくち口に入れた瞬間、そんな概念を変えてくれたのが、自由が丘の黒毛和牛専門店『腰塚』の「手作り極上コンビーフ」です。

これまでのコンビーフの概念を変えてくれた一品!『腰塚』の「手作り極上コンビーフ」

フライパンで少し温めると、ふわぁ~と香りが広がって、簡単にほぐれます。とくに味付けをせず、それを、カリッと焼いたグラハムサンドウィッチのパンに豪快にはさんで、これまた豪快にパクリ! 口の中に広がるお肉の旨みと、滑らかな口当たり。こんな幸せあるかしら(笑)。

さすが黒毛和牛専門店だけあって、お肉の美味しさは格別です。このとろける食感は、ひとつ、ひとつ丁寧に作り上げた完全な手ぐし製法だからこそ!

年末年始、ご馳走続きでシンプルなものが食べたくなった時、活躍してくれること間違いないと思います。

炊きたてご飯の上にのっけて、卵の黄身を“ぽとり”なんてメニューも最高ですよ。

冷凍も可能なので、ちょっとした手土産にも最適です。焼き菓子よりも、実は嬉しいかも。

紹介しているお店
腰塚

※掲載情報は 2018/01/06 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
これまでのコンビーフの概念を変えてくれた一品!『腰塚』の「手作り極上コンビーフ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

杉江奏子

フリーアナウンサー

杉江奏子

宮城県出身、元テレビ信州アナウンサー。日本テレビ系アナウンス賞【新人賞】受賞。
同社退社後、フリー活動に入る。ワイド番組の司会、報道番組でのニュースキャスター、天気予報、スポーツ実況、中継のレポーターなどで活躍。また、企業のプレス発表会、数々のラグジュアリーブランドのイベントMCなども務める。
J-WAVE 「ロハストーク」ナビゲーターなどラジオ番組でも活動の幅を広げ、現在、J-WAVEニュースルームアナウンサーを務める。
趣味のスイーツ作りでは、ケーキデコレーションなどのシュガークラフトが得意。

次へ

前へ