6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」

6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」

記事詳細


紹介している商品


変わらぬ美味しさで季節限定味もある「かもめの玉子」

6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」

皆さん、本店が震災から6年8か月ぶりに復活しました! 復活したのは、岩手銘菓「かもめの玉子」で知られる『さいとう製菓』本店です。

6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」

岩手は私の第二の故郷。銘菓「かもめの玉子」は、きっと誰もが一度は目にしたことまたは、食べたことがある岩手の味でしょう。

 

その「かもめの玉子」を製造する『さいとう製菓』は、東日本大震災の津波で岩手県大船渡市にあった本店や工場一棟が流され、直営店5店舗も営業中止に追い込まれました。

 

それでも高台にあり津波を逃れた工場でお菓子の製造を続けたため、「かもめの玉子」の製造がストップすることはありませんでした。そのため、本店が震災以降復活していないことはあまり知られていませんでした。

 

あれから6年8か月。震災の被害も大きかった大船渡市の中心市街地に、ようやく総本店が復活! その名も『かもめテラス』。(http://kamometerrace.com/

 

お菓子の製造工程を見学できるコーナーやイートインスペースが新たに併設され、大船渡市の賑わいを取り戻す場所として期待が高まっています。

6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」

「かもめの玉子」は、あのつるんとした形が可愛くて、食べればしっとり。真ん中の黄身あんにたどりつくと優しい甘さが広がります。北海道産の豆、東北北部産の小麦粉や卵を使うなど、私たちが安心して食べられる工夫がいっぱいです。

 

私が「かもめの玉子」を好きな理由の一つに、ミニサイズがある!ということがあげられます。
ちょっとしたおやつに食べたいとき、ひと口でパクっと食べられて、すごくいいんです。普通の大きさだと、ひと口でほおばることはできませんが、このミニサイズなら「かもめの玉子」の美味しさを口の中いっぱいに頬張れちゃいます。

 

かもめの玉子には季節限定の味も登場します。なんと、年明けには「みかん味」! その時に出会えた「かもめの玉子」を食べて、東北・岩手に思いを馳せてくださいね。

※掲載情報は 2017/11/26 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
6年8か月ぶりに本店復活!岩手銘菓『さいとう製菓』の「かもめの玉子」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

柳沼愛子

アナウンサー/ヨーグルトソムリエ

柳沼愛子

地方局でのアナウンサー経験から全国の美味しいものを独自取材。またヨーグルトソムリエとして世界のヨーグルトに精通。局アナnet日本ベジフルアナウンサー協会の代表も務め、「食」の情報発信をアナウンサー仲間と行っている。野菜コーディネーター。現在TVCMクレハ「キチントさんシリーズ」に出演中。その他レポート・撮影もこなす動画制作が人気。☆東北放送ラジオ「Good モーニング」内「ベジフル通信」出演 ☆食と農まつり(福島県白河市) ベジタブルステージ出演 ☆FOODEX 美食女子ママの愛グランプリ 審査員・出演 ☆The Manhattan FISH MARKET オープニング記者発表会 出演 ☆本「ふくしま山菜探検隊」出演など

次へ

前へ