白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/10/06 公開

記事詳細

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

長い年月と飽くなき挑戦により、酵母の発酵による炭酸ガスを瓶の中に
溶存する「瓶内二次発酵」を成功させ、
ついに「お米のスパークリング日本酒」が完成しました。

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

白州にキャンプに行ってきました。

 

日本の名水百選に選ばれた尾白川が流れる「べるが尾白の森キャンプ場」
のすぐ手前にある広大な田んぼには、この白州の名水に惚れ込み、
約300年前からこの地で酒造りを行う
地元白州の酒造「七賢」さんの契約栽培米が実をたわわにつけて、
稲穂がそよそよと風に揺れていました。

 

先日、新聞記事で「七賢」さんが賞を受賞されたという記事を読んで、
前々から行ってみたいと思っていたので、今回「七賢」さんを訪ねてみました。

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

写真:「七賢」契約栽培米に見入る龍聖くん。

 

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

写真:このお座敷は明治天皇ご宿泊の行在所(あんざいしょ)の指定を受けた文化財。蔵直売店と試飲スペース。蔵元直営店レストラン「䑓眠 だいみん」も併設されています。

 

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

写真:試飲コーナーで、日本酒のことを詳しく教えてくださった藤山久里子さん。

 

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

写真:これまで数々の賞を受賞した日本酒。

 

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

写真:左はシャンパン同様の製法で澱を取り除き、透明ですっきりとドライなスパークリング「星ノ輝」。右は澱を残し、米の旨みと甘みをしっかりと感じられる「山ノ霞」。

 

シャンパンよりきめ細やかな泡立ち、まろやかで上品な旨み。

 

ひととおり全部のお酒を試飲して、一番気に入ったのがこちら!
お米のスパークリング日本酒「山ノ霞」(右側)です。

 

シュワっと、きめ細かな泡が立ち、香りもフルーティ。
あれ?シャンパン?
乾杯の時に飲んでも、日本酒だと気づく人はいないのでは?
と思えるほど軽くて爽やかな飲み心地でした。

 

シャンパンに比べると、旨み、上品さが上回っていて、
シャンパンよりこちらの方がまろやかでおいしい、と感じました。

 

ちなみにアルコール度数は11度。
360mlの小瓶もあるので、飲みきりにちょうどいいサイズ。
早速、お土産に買って帰りました。

 

私は白州に惹かれ、よく家族でキャンプをするのですが、
足を運ぶ度に、いつも感動があります。

 

特に尾白川の息をのむ美しさに圧倒され、
この自然を大事にしないといけない、この森を、水を、空気を
大切に引き継いで行かないといけない、という気持ちになります。

 

おいしい日本酒も、この水があってこそ。
七賢さんの日本酒を飲んで、その思いがより一層強くなりました。

 

長い年月をかけて、幾つもの花崗岩層を通り抜けて、できた水。
その水を使って、その土地で作られたお米で、おいしい日本酒を作りたい。
その思いが、お酒から伝わってきます。

 

この秋は皆さんもぜひ白州へお出かけになってみてください。

白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」

もう一本、気に入ったのが、こちら純米大吟醸「絹の味」。こちらもお土産に買って帰りました。すっきりと爽やかな口当たりで、「食中酒」にオススメです。
   


山梨銘醸株式会社
住所:〒408-0312 山梨県北杜市白州町台ヶ原2283
電話番号:0551(35)2236
FAX番号:0551(35)2282
ホームページ:www.sake-shichiken.co.jp

※掲載情報は 2017/10/06 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
白州の名水仕込み!爽やかなスパークリング日本酒「山ノ霞」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

宇佐美総子

ライフスタイルアドバイザー

宇佐美総子

「北鎌倉 天使のパン・ケーキ」
元競輪選手の夫と北鎌倉の自宅でカラダに優しいパン作りをしています。
化粧品ポスター、アウトドアモデル、舞踏家、EXPO愛地球博、エコプロダクツ展、アースデイなど環境イベント司会として活躍。競輪選手選手の夫のレース事故をきっかけに、リハビリとして北鎌倉の自宅でカラダに優しいパン・ケーキ作りをはじめる。食べる人を思い浮かべながら、一度にひとり分だけを手作りするパンは「天使のパン」と呼ばれ、メディアにも数多く登場。待ち時間が14年待ちとなった今でも注文が後を絶たず、日々、感謝の手紙が届いている。41歳で男の子を出産。夫のパン・ケーキ作りのサポートをしながら、ライフスタイルアドバイザーとして全国各地で講演活動を行っている。著書『幸せをはこぶ天使のパン』(主婦と生活社)

この記事をシェアする

次へ

前へ