ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

紹介している商品

紹介しているブランド


『井出トマト農園』へトマト狩りにいってきました。
井出トマト農園は藤沢市の農園なので、鎌倉からも近く、
今回はラッキーなことに前日に予約を取ることができました。

当日、農園には50人くらいの人が集まっていました。
スタッフの方から説明を受けて、手を紫色の消毒液に浸して殺菌。午後1時半からトマト狩りがスタートしました。

 

大きなハウスで13種類のトマトを食べ比べしながら、気に入ったトマトを好きなだけ収穫してお持ち帰りすることができるのも嬉しいところです。
もらった袋に自分がおいしいと思ったトマトを選んでゆきました。

 

 

写真:「おおきいトマトあったよー!」
真っ赤な大玉トマトをもぎ取る龍聖くん。糖度5.5度。
このトマトをカレーやシチュー、パスタソースに入れたら絶品でした。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

 

写真:イエローアイコ。糖度8度。
旦那さんはこのトマトを気に入り、お土産用に収穫していました。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

 

写真:トスカーナバイオレット。糖度8度。深みがある味わいのミニトマト。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

 

写真:サングリーン。糖度8度。
緑色だけど完熟しています。触って柔らかくなっていたら収穫どき。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

 

写真:人気のハニードロップ。糖度10度。フルーツ感覚で食べられます。ハサミで切って、房どりも出来るのでプレゼントにも◎。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

 

写真:甘いだけでなく酸味のあるトマトもいい!

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

2012年 神奈川県農業コンクール県知事賞受賞。

2013年 全国農業コンクール名誉賞。農林水産大臣賞受賞。

2014年 神奈川県共進会 神奈川県知事賞受賞。
井出トマト農園は創業1979年。
湘南と富士山に自社農場を持ち、13種類のトマトを年間供給しています。
水耕ロックウール栽培を採用し、防虫ネット、
コンピューターを活用した環境管理によって病害虫を抑制し、
低農薬のトマトを栽培。
トマトにとって最適な環境で栽培されたトマトは
しっかりと養分をたくわえ、甘くておいしい果実となります。

ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』

写真:試食させてもらったら、ミニトマトを使ったこちらの商品がおいしかったのでトマトジャムとトマトケチャップの詰め合わせセットをプレゼント用に購入。ほのかに香る唐辛子と甘酸っぱい酸味が食欲をそそります。
化学調味料を使わずに素材の良さを生かして調味されています。

 


【トマト狩り料金】
(要予約)2018年7月22日まで土日祝曜日に実施。所要時間 1時間30分
大人(高校生以上)1000円小人(小中学生) 500円
幼児(3才以上) 200円
【持ち帰り料金】
大玉トマト 60円/100グラム
中玉トマト 100円/100グラムミニトマト 130円/100グラム

 

井出トマト農園 〒252-0826 神奈川県藤沢市宮原2420 電 話 0466-65-0719

 

※掲載情報は 2018/06/26 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ここでしか手に入らない珍しいトマトを収穫!『井出トマト農園』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

宇佐美総子

北鎌倉 天使のパン・ケーキ Gateau d'ange

宇佐美総子

俳優・MC/ライフスタイルアドバイザー

化学調味料や食品添加物を使わない
地球とからだに優しい食べものを選んでいます。
次世代へ美しい地球をバトンできるように、
頑張っている生産者をこれからも応援してゆきたいです。

化粧品モデル。「月刊Diver」「山と渓谷」モデルとして国内、海外の海に潜り、3000m級の山々に親しむ。

舞踏家、俳優としても多くの舞台に出演。

「EXPO愛地球博2005」「エコプロダクツ展」
「アースデイ」「アースピースフェスティバル」司会者として

長年、環境問題、平和問題にも関わる。
2005年。結婚直後に夫がレース事故で寝たきりとなり、

リハビリとして自宅でパン・ケーキ作りをはじめる。

食べる人を思い浮かべながら多以良 泉己が

一度にひとり分だけを手作りするパンやケーキは

「天使のパン・ケーキ」と呼ばれるようになり、

待ち時間が14年待ちとなっても注文が後を絶たない。

2012年。41歳の時に男の子を出産。

北鎌倉の自宅で夫のサポート&子育てをしながら、

全国各地で講演活動を行っている。

著書『幸せをはこぶ天使のパン』(主婦と生活社)

次へ

前へ