米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/08/02 公開

記事詳細

米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

心も身体も満たされるお米のジャム

米飴とは、米のでんぷんを大麦麦芽の酵素で糖化させて作る、天然発酵甘味料です。金沢では昔から「じろ飴」と呼ばれ親しまれてきました。発酵由来の様々な栄養が豊富で、その昔は母乳代わりに赤ちゃんに与えられていたほど、滋養に富んだ健康食なのです。

米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

その米飴を贅沢に使って作られた「あめちゃんジャム」。ポップなラベルが目を引いて、ついつい手に取ってしまいたくなる可愛さ。「あめちゃん」という響きにも親しみを感じますね。

 

石川で環境保全型農業を営む「金沢大地」は、有機JAS認定を受けた本格的な有機農業生産者です。再生、循環型社会の実現に向けて生態系を保全する農業の在り方を模索し、10年後、100年後、1000年後へと繋いで行ける有機農業を目指しています。

 

「金沢大地」が作り出す商品は、そんな農業と食への想いがぎっしり詰まったものばかり。中でもとりわけ遊び心に満ちた愛すべき商品がこの「あめちゃんジャム」だと思います。
「甘い物を頂く楽しさ」と「滋養を頂く健やかさ」が両立していて、ポップな外観のカジュアル感が絶妙で、「健康食」というストイックなイメージが払拭されています。

米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

いちご、能登ブルーベリー、五郎島金時、打木かぼちゃの4種類ありますが、今回はいちご味をテイスティング。

米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

食品を買うときは必ず裏のラベルをチェックしましょうね。原材料は米、いちご、大麦、レモン。シンプルに必要不可欠な天然の素材のみを吟味して使っています。

米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」

米飴の主成分、麦芽糖は砂糖のショ糖に比べると1/3程度の甘さですが、フルーツと一緒に煮ることによって甘みの相乗効果が生まれ、ジャムとして十分な甘さを得ることが出来ます。

 

いちごの風味が引き立ち、穏やかな味わいに心も和みます。

 

トーストにはバターではなく、ココナツオイルを塗るのが私のお気に入り。天然酵母食パンとココナツオイルとあめちゃんジャム。こんなジャムトーストなら小さいお子様にも安心して食べさせられますね。

プレゼントにもきっと喜ばれる可愛い「あめちゃんジャム」ぜひお試し下さい!!

※掲載情報は 2017/08/02 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
米飴を使ったシュガーフリーの「金沢あめちゃんジャム」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小紺有花

糀料理研究家/ワインエキスパート

小紺有花

家族の健康の為に始めた糀の発酵食の研究。知れば知るほどそれは世の中全ての人達に必要な物だと気づきました。
毎日の食事のひと口ひと口が私達の心と身体を造り、暮らしを彩り、人生をかたち造ってゆくのです。
糀の発酵食はより良い食生活を手軽に、気軽に、楽しく実践する為の最良のツールです。
食のグローバル化により日本人の日本食離れが進む中、古来より日本の食文化と健康を支えてきた伝統の発酵食を次世代に伝えるべく、現代人のライフスタイルや食の嗜好にマッチする糀の使い方を提案し、新しい糀食文化の創造を目指しています。
発酵調味料をたくみに使った手軽で簡単に作れるオリジナルレシピが好評。
商品開発、カフェメニュープロデュースや料理ワークショップや講演会、食育セミナーなど食に関わる様々な活動を全国・海外で展開。
テレビや雑誌などでも活躍。
著書4冊。
 「卵、乳製品、白砂糖なし。塩麹&甘酒で作る、麹のおいしいスイーツレシピ」
 「塩麹のおつまみとおかず」
 「しょうゆ麹でもっとおいしい日々のごはん」以上3冊 河出書房新社
 「麹、甘酒、自然食材を使った減糖レシピ」日東書院

次へ

前へ