七城町の農産物を盛り込んだ農家の正直アイス

七城町の農産物を盛り込んだ農家の正直アイス

記事詳細


紹介している商品


8種類の詰め合わせが楽しい冬のアイス

熊本市の北に隣接する菊池市。肥沃な土地から高品質な農産物が採れることで名の知れた町でもあります。特徴は阿蘇から湧き流れる豊富な水資源と、昔ながらの肥沃な土地。恵まれた環境を活かしています。農産物の生産にあたっても厳格な「菊池基準」を設け、化学肥料や農薬に頼らない取組みをしていることでも、安全安心な農産物を作ろうという姿勢がうかがえます。

 

先般浅草で開催されていた食イベントで多くの農産物や加工品を手にしたのですが、その中でも「これだ!」と味覚に刺さったのが、今回ご紹介させていただくとりで農園の「七城農家の正直アイス」です。

 

菊池市七城町で作られる果物や根菜から作られたアイスは、チョコレート、メロン、マンゴー、紫イモ、黒ゴマ、イチゴ、七城米、バニラと8種類の詰め合わせ。いろいろな味わいが楽しめるところが楽しいですね。

 

人気の「メロンアイス」は糖度14度以上のメロンを使い、一玉ずつ甘くて香り高いメロンだけを選びフレッシュな果汁をアイスにしています。品種は、肥後グリーン、アールスメロンなど時季により美味しさがピークのものを選んで造られています。

 

イチゴアイスは他のアイスに比べると味わいは軽く感じられるかもしれません。でもじっくり味わってみると素朴なミルクの味わいの中に優しいいちごの風味が広がり、後味に心地よさがほんのりと残ります。気が付くとあという間に完食です。そう、飽きのこない味わいなんですね。

 

味の濃いものは確かに印象に残りますが、経験上薄味にこそ本質的なものが隠されている気がしています。

七城町の農産物を盛り込んだ農家の正直アイス

次に紅イモのアイス。ポリフェノール豊富な紅イモを練り込み、まったりした食感が特徴です。これは女性にも根強いファンがいるそうで人気の一品です。

七城町の農産物を盛り込んだ農家の正直アイス

七城米アイスは、アイスとお米が一緒になった楽しい一品。名高い七城米と牛乳アイスをミックスし、新しいつぶつぶ食感が何とも言えない、お米のやさしい甘みがじわっと口の中に広がります。

 

アイスはインターネットでもお取り寄せができます。アイスは夏にいただくものという時代ではとっくになくなりましたね。暖かなお部屋やご家庭で、アイスでまったりな休日はいかがでしょうか。

※掲載情報は 2017/01/06 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
七城町の農産物を盛り込んだ農家の正直アイス
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ