農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

記事詳細


無農薬は勿論、無肥料で作られる米・野菜・果物

農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

1970年代生まれの私、そして恐らく読者の皆様にとっても、”信じ難い”凄い農作物なのです。初めて知ったとき、そして口にしたとき、更に食べ続けてみて、全てがびっくり、そして衝撃でした。

 

何が凄いって、凄すぎて、何から紹介したらよいのか困ってしまうくらい素晴らしいのです。美味しさは勿論、今までの農作物の概念をくつがえし、かつ「地球と人類を救う」と言っても過言ではないのです。

 

“オーガニック”や“有機”という言葉を知らない人はいないと思いますが、“自然栽培”という言葉は、まだまだ浸透していないと思います。
 
一般にオーガニックや有機農作物というものは、農薬を使わない、またはある一定の農薬しか使わないというものです。また肥料に関しては、化学肥料ではなく、自然界のものから作られたものです。一方、ナチュラル・ハーモニーさんの自然栽培は、どちらも全く使わずに、土、水、太陽、そして人のお世話だけで農作物を作り上げます。肥料を使わずに、農作物を作り続けることが出来るのかと疑ってしまうのですが、出来てしまうのです。

なんといっても美味しくて健康な野菜たち

農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

どの野菜・果物・お米も、本当に美味しいのですが、私の場合、最初に食べたニンジンが衝撃でした。今まで食べていた一般栽培の人参の味とは、違うのです。あのニンジン特有の嫌な臭いが一切せず、むしろ爽やかな香りと味がしたのです。

 

そして、日本人の主食のお米。我々の食生活において、中心となる食べ物であり、カロリーベースでみても大きな割合を占める重要な食品ですが、ナチュラル・ハーモニーさんのお米を、是非皆さんに試してもらいたいと思います。

 

味と香りが違うだけでなく、一番に解りやすいのが、冷めたときのご飯です。おにぎりにしてもお弁当にしても、冷えているのに味が落ちないのにびっくりしました。昔のひとは、こんな美味しいお米を当たり前のように食べていたのだなと感慨深く、そして現代とは違った意味で”豊かであった食生活”を羨ましく思ったりもします。

 

いずれにせよ、どの農作物も皆そうなのですが、それぞれが持つ香りや味がはっきりと、それでいて、じんわりと体にしみるように感じられます。更に料理をしたときに細胞がしっかりとしていることがよくわかります。煮ても変に荷崩れやクタクタしたりすることがありません。また、切ったときは、切り口から溢れ出る植物の生命力というか、パワフルなエネルギーが伝わってくるのと、見た目もとても美しいのです。自然はなんて綺麗なんだろうと、五感で自然の恵みを感じ取れる生命力がみなぎる農作物なのです。

心身を健全にし、日々を元気に過ごせる完全な食べ物

農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

私たちの肉体、そして活動源は、あたりまえですが、口から入ったものが主です。それらがエネルギーに満ちあふれ、健全な状態であれば、体はどうなるでしょう。おのずと答えはでます。病気・疲れ知らずの健康な体を作ってくれます。

 

「一般栽培のものと比べて、そんなに体への影響も違うの?」と思われる方もいると思いますが、本当に違うのです。私も自身で体験し、実感しています。一番分かりやすいのが、子供や病気にかかっている人は、においや味で直ぐにわかるようです。自然栽培のものは、身体に抵抗無く入っていき美味しいという声をたくさんいただくそうです。

 

現代の日本の栄養学を学び、医療の現場で仕事をしてきた経験を持つ私だからこそ、自然の力の完璧さ、偉大さにより驚くのと同時に、我々ちっぽけな人間には、まだまだ図り知れないことがたくさんあるとナチュラル・ハーモニーさんの農作物から、体で教えていただきました。

 

自然の恵みは、完全であり、我々人間も含め、地球上の生物は、食物連鎖のなかで健全に生きることが出来るのだと改めて感謝の気持ちが沸いてくる現代においてはとても貴重な食べ物なのです。

スケールの大きさがハンパなく、奥深い農作物

農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物

化学肥料や農薬が使われ始めたのは、長い人類の歴史からみると、つい最近のことです。


短時間で大量に、そしてストックもできる農作物が当たり前になっていますが、それが人体、そして土にあたえる悪影響は、計り知れないものだと最近わかってきています。というか、自然の一部である我々の体に、不自然なものを入れるということは、どういうことのなか。そしてそれらを含む餌をたべる動物もどうなるのか。

 

地球や人類の歴史を俯瞰してみてみれば、簡単に答がでることであり、当たり前のことなのです。

 

人間の限りない過剰な欲望によって、造り上げたものは、回り回って当然還ってくるものであり、そしてそれが自然の摂理なのです。
 
増え続けるガンやアレルギーをはじめとする現代病は、その現れの一つであるのでしょう。植物や動物同様、自然から生まれ、自然に還る我々は、本来何を食べるべきなのか。よくよく考える時代に来ていると思います。そして、そういった食べ物が当たり前に食べられる世の中に戻し、人間だけでなく、地球全体のことも考えられるような社会になることを願っています。

 

ナチュラル・ハーモニーさんの販売店は、首都圏にいくつか店舗がありますが、通販で購入することができます。また、自然栽培の農作物を加工した麺や粉類、梅干し、砂糖類、乾物、お茶なども豊富にとり揃えており、今や私にとって、ナチュラル・ハーモニーさんの食材は不可欠なっています。こちらも合わせて、試しされることをお勧めします。味覚、体は勿論、心まで健康になる事、間違いありません。

 

一見、豊かに見える「貧しい食生活を送る現代人」に是非、ナチュラル・ハーモニーさんの自然栽培農作物の素晴らしさを知っていただきたいと思います。

※掲載情報は 2016/05/08 時点のものとなります。

  • 13
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
農薬も肥料も全く使わないからこそのおいしさ!ナチュラル・ハーモニーの農作物
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

麻乃じゅん

自然派栄養士・ソムリエ

麻乃じゅん

国内の航空会社に国際線客室乗務員として在職中、ソムリエ資格を取得。退職後、栄養士養成大学で学び、管理栄養士免許をはじめとする食や健康に関する資格を取得。自治体や民間企業、クリニックなどで公衆栄養、栄養教室、個別栄養相談などの業務にあたり、過去3000人以上のカウンセリング経験も持つ。現代栄養学や西洋医学の現場で”真の健康”や“幸せのための食”を追求する。しかし自身を含め、お客様も心身共に健康になり切れない現実より、自身のアドバイスや講義に疑問を持ち始める。そして「食物と自然」「心と体」などの切っても切り離せない関係を重視した東洋医学的な視点より、食や心身の健康について学ぶ。そこで現代人が忘れている「自然に生かされていること、自然と調和することの大切さ」などに気付き、フリーランスとしての活動をスタートする。また、福島県に生まれ育った者として、2011年の原発事故以後、その思いが強くなり、更に活動の範囲を広めている。現在は、講演活動、講座や教室、ワインセミナーなどを通し、現代人の食との向き合い方、自然栽培やオーガニック食品の素晴らしさ、手作りや料理の大切さなどを様々な場で伝えている。

次へ

前へ