鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

記事詳細


紹介している商品


「ワインやシングルモルトのおつまみにも最適!」のクッキーです

鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

この度は甘くないクッキー、鎌倉レ・ザンジュの『プティ・フール・サレ』をご紹介します。

 

ワイン好きの私は自宅にナッツ、ドライフルーツ、チーズを常備しています。あとはバゲットがあれば良いですが、常備品としては少々不向きです。その点塩味クッキーは保存性にも優れていて、取り出したらすぐに食べられるところが良いです。日本でクッキーと言えば甘いものしかないと言っても過言ではない中、このクッキーは私にとって本当に有り難い存在です。自宅でのワインパーティーや友人へのお土産として、登場することも増えています。

鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

湘南鎌倉でわずかに作られる釜炊きの塩と、9世紀から永きに渡りパリュディエ(製塩職人)の手で頑なに守られた製法で作られるフランス・ゲランド塩を、ブレンドして使用しているそうです。お店のパティシエさんからのコメントによると、「ミネラル豊富な塩とわずかな砂糖のバランスに気を使い、強過ぎない上品な塩気と、ハーブやトマト、チーズなどの素材がソフトな食感とマッチして後を引きます。ワインやシングルモルトなどのお酒と合わせればおつまみとしても最適です」とのこと。

 

バジル、ドライトマト&オレガノ、ゴーダチーズ、レッドチェダーチーズの4種類の味があって楽しいです。もしも自分でクッキーを焼くとしても、4種類も一度に作れませんからね。私はドライトマト&オレガノ味が、特にお気に入りです。

鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

パッケージデザインも、フランスのアンティーク缶がモチーフになっていて素敵です。そして包装紙の使い方にも一工夫あって、本来裏側と思われる白紙の方を表に出し、裏側にした絵柄の入った方を最後にちょっとだけ表に見せる包み方なのです。とてもセンスが良いので、おしゃれな友人にも自信を持ってプレゼント出来ます。

鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』

味良し、見た目も良し!

 

これからピクニック、潮干狩り、キャンプと言ったアウトドアを楽しむ機会も増える季節です。保存性もあって取り出せばすぐに食べられるので、このクッキーを1缶持っていれば大変重宝します。朝、昼、晩、おやつにも、おつまみにも、様々な場面に是非登場させて下さい。

※掲載情報は 2016/04/13 時点のものとなります。

  • 48
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
鎌倉レ・ザンジュの塩味クッキー『プティ・フール・サレ』
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ