チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

記事詳細


間もなくバレンタインとなり、あらゆるところでチョコレート見かけますね。ブランドチョコレートや、面白変わり種のチョコレート、お酒のチョコレートなど、チョコレートの種類も数知れずですが、チョコレートコーティングのフルーツチョコレートも、実は意外と種類が豊富。

 

フルーツの甘み、酸味、そしてその食感は、チョコレートと相性抜群で、フルーツ好きの方へはもちろん、いつもとは違うタイプのチョコレートをお探しの方におすすめ!

 

いつものフルーツが、チョコレートと一緒になることで、意外な食感を醸し出す不思議な体験をしてみませんか?

【いちご×チョコレート】まるごと使えるのがイチゴの魅力!

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ
チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

甘酸っぱいいちごと、チョコは誰もが認める高相性なのではないでしょうか。ストロベリーチョコレートというものがあるように、いちご×チョコレートの組み合わせは、必然性を感じますね!とくに、時期的にも、チョコレートが溶けない寒い時期、シーズンを迎えるいちごは出会うべく出会った組み合わせとも言えますね!

 

イチゴシャンデ(写真上)は、クッキーの上にイチゴを置き、その上にクリムを載せたら、全体をチョコレートでコーティングしています。シャンデというのは、形がシャンデリアのようだから「苺のシャンデリア」と呼んでいるそうです!

 

天空のいちごガナッシュ(写真下)は、「サマープリンセス」という品種のいちごを、厳選したこだわりの最高級チョコレートでコーティングしたもの。チョコレート職人が厳選した、コロンビア産オーガニックのカカオを使用したチョコレートのカップと、ふんわりとしたホワイトチョコと宇治抹茶のガナッシュにつつまれた、淡いピンクのいちごが印象的です!

【オレンジ×チョコレート】ピール(皮)の苦みとチョコの甘さが癖になる!

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

オランジェットとして、親しまれているオレンジ×チョコレートの組み合わせ。

 

砂糖漬けの柑橘類の皮(ピール)をチョコレートで包んだフランス生まれの菓子なのですが、ちょこっと苦味のあるオレンジの皮と甘いチョコレートの味の調和、深い香りが、魅力的ですよね!

 

淡路特産の鳴門オレンジとベルギー産チョコレートの絶妙なハーモニーを愉しめるオレンジスティックは、鳴門オレンジ独特の酸味と僅かな苦みが、チョコレートの甘さを爽やかな後味に変え、ついついもう一つと後を引いてしまうので、食べ過ぎに注意いただきたいですね!

【りんご×チョコレート】シャキシャキの食感と酸味がやみつき!

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ
チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

りんご×チョコレート、もしかすると初耳の方もいらっしゃるのでは?リンゴのしゃきしゃきのさっくり感と甘酸っぱさに、チョコは意外と相性ぴったり!りんごも、いちごと同じように旬のフルーツなので、まさに選ばれしコンビとも言えますね!

 

キャラメルアップル(写真上)は、アメリカ生まれの新感覚スイーツで斬新な見た目が何ともアメリカらしい、りんごをそのまま丸ごと1個使ったスイーツです。棒に丸ごと刺さったりんごにはたっぷりとキャラメルやチョコレートがコーティングされ、インパクトは絶大ですね!

 

ポームダール(写真下)は、フレッシュなリンゴを密でボイルし、ほろ苦いチョコレートでやさしくコーティングされています。リンゴは甘酸っぱく、ちょっとゼリーのようなクニャという食感で、ほろ苦いチョコレートと口の中で絶妙なコラボレーションを楽しめます!リンゴにコーティングしているチョコレートはあくまでも薄く、ビターチョコを使用しているのは、リンゴの甘さを引き立たせるための計算であるかのようにほど良い配分になっています!

【ドライフルーツ×チョコレート】フルーツの酸味がさわやかなドライ系フルーツ!

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ
チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ
チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

ドライフルーツ×チョコレートや、フリーズドライ×チョコレートは、ホワイトチョコレートや、ヨーグルトチョコレートなど、チョコレートのバリエーションも豊富。

 

あめやえいたろうの「ドライフルーツヨーグルトチョコごろも」(写真1番上)は、クランベリー、レーズン、パイナップル、パパイヤの小さなドライフルーツに真っ白のヨーグルトチョコレートがコーティングされています。ヨーグルトの優しい甘みとほのかな酸味がほどよく合わさり、止まらなくなってしまいそうな1品。

エーグルドゥースのタブレットショコラ(写真2番目)は、ホワイトショコラに新鮮なセミドライのベリー類と食感の良い新鮮なナッツが口どけの良いクリーミーなホワイトチョコレートと合わさるとコクがあるのに爽やか。他にも種類は豊富で、基本的には上質でシンプルなショコラに新鮮なナッツやドライフルーツがあふれんばかりにトッピングされているんですよ!

 

ランドガルテンのオーガニックチョコミックス(写真3番目)は、フェアトレードのオーガニックチョコレートを100%使用し、油を使わずに温風だけでカカオを処理するロースターを採用して、予備電力を社内の空調に使用するなど環境にも考慮するチョコレートなのですが、フリーズドライのフルーツの酸味が相性抜群です!

【フルーツリキュール×チョコレート】アルコールの風味とチョコの濃厚さが癖になる!

チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ

究極のボンボンショコラ「ボンボンショコラ グランマルニエ コルドンルージュ」。コニャックとカリブ海のビターオレンジの絶妙なバランスで溶けあったプレミアムリキュールをGrandと評し、そのリッチな味わいが特長の美しい金色のリキュール「グランマルニエ」と名付けました。

口の中でのチョコマリアージュも楽しめますが、アルコール度数40度と高めなので、実際にチョコレートに混ぜ込んでも風味のあるチョコレートも楽しめそうです!

※掲載情報は 2016/02/13 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
チョコレートとフルーツのとってもいい関係から生まれた甘酸っぱいフルーツチョコ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ