ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

記事詳細


紹介している商品


大切な人と分かち合いたいオーダーメイドのコフレ・デセール

ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

一年間でいくつ食べたかわからないケーキを思い起こしながら、年末にもう一度食べたいケーキは……と考えてみましたが、これ以外に思いつきませんでした。

 

代々木公園にある「Fleurs d’ete(フルール・ド・エテ)」のコフレ・デセール。※コフレ=宝石を入れるような小さな箱 ※デセール=デザート(フランス語)

 

その名の通り、黒いマットな箱を開けると、ため息が出るほど美しい、お花を敷き詰めたようなケーキが目に飛び込んできます。写真は通年商品のアイコニックコレクション。薄切りのフレッシュ・マンゴーをバラの花びらに見立てて重ね合わせた、エキゾチックなデセールです。

 

ミシュランの高評価を獲得したことでも知られるフレンチレストラン、代官山「ル ジュー ド ラシェット」で経験を積み、南青山「フロリレージュ」でパティシエおよびスーシェフをつとめた庄司夏子さんが独立され、ひとつひとつ心をこめて、オーダーメイドで創ってくださる特別なデセール。

 

メッセージなどを添えたり、出来る限りのリクエストにも応えてくださるので、大切な日の特別なケーキとして、自分へのご褒美として、最高のプレゼントになりそうです。

夏のホームパーティを彩った「Sazanami」にうっとり

ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

季節のフルーツをこれでもかというほど贅沢に敷きつめたボックス。夏には「Sazanami」という名前も美しい、波をイメージしてダイヤ型にカットされた桃の上に、苺を乗せて頂いたこちらを頂きました。

 

ボックスには、「Happy Friday」のメッセージ。(こちらはオーダーした友人が指定したのですが)三十路を超えた女子3人が「わー!!」とざわつき、とっても幸せな気持ちにさせてくれました。

飾りたくなる美しさ

ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

カットするのがもったいなくて、しばし見つめながらお茶を飲みました。

 

タルトの上に敷き詰められた新鮮な桃の表面はピンクのゼリーでコーティングされているので、食べる直前までツルツル煌めき瑞々しいお姿です。

数量限定ですので予約はお早めに!

ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール

オーダーメイドですので、もちろん完全予約制。夏子さんと受取時間のお約束をして、ワクワクしながら受け取りに行きます。(とてもデリケートな商品なので引き取りは店頭のみ)大切に大切に取り扱われたこの箱は、喜ばせたい人の前で、カウントダウンでもして開けたいものです。

 

受け取り場所でもある代々木公園から3分ほどのこのお店、実は、コフレ・デセールを注文した方のみが予約できる、こちらも完全予約制1日1組限定のレストラン。私たちもたまらず翌週予約し、束の間の幸せな食事を楽しませていただきました。

※掲載情報は 2015/12/07 時点のものとなります。

  • 42
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ため息のでる美しさ 世界で一つだけのコフレ・デセール
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

渡邊里衛

元CA、企画&ライター

渡邊里衛

20歳からの5年間、日系航空会社にて客室乗務員として国内線/国際線を乗務。その後、女性のサポート側にまわりたいと考えるようになり、都内エステサロンにて施術技術を習得。マーケティング、広報業務を担当。2011年フリーランスに転向し、月刊婦人誌VERYにて、ファッション、美容、健康、食、ギフト、子ども服など、幅広いジャンルについて執筆中。現在代表を務める団体「CA MAMA+α」には120名以上の元CAと現役CAのママが賛同し、CA目線とママ目線、女性目線を通して、おすすめの情報や日々感じることをブログやFacebookで発信している。CA時代に培ったホスピタリティに、ママとしての優しさや温かさが加わり、メンバーたちと日々情報を交換し、多方面で活動中。現在自身も妊娠中。一般社団法人CAネットワーク「CAN」キュレーターとしての活動もスタート。CAN:エアラインの垣根を越えた、世界を飛び回ってきた私達が、日本の良さを発掘し、それを発信する活動を行う。

■FB:https://www.facebook.com/cannetcan
■WEB:http://c-a-net.com/

次へ

前へ