東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

記事詳細


東京も何度も訪れていると、手土産を選ぶ際も迷ってしまいがちだと思います。もらう方も少しずつマンネリ気味になってしまいますよね。そんなときは、少し目線を変えて地元の方に利用されている、そこでしか買えないものを、選んでみてはいかがでしょうか。今回は、ちょっと人気スポットから離れた、知る人ぞ知る地元で人気のある東京でしか買えない手土産をご紹介します。スイーツ系からお惣菜系まで、いろんな面で一味も二味も違うモノばかりです。いつもと違ったモノから選んでみることもオススメいたします。

1:東陽町で見つけたマカロンの進化系「マカヨン」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

東京にしかお店がない、地元の人やそのジャンルの通の人に好まれているお菓子を紹介いたします。まずは、地元の方に利用されている街のお菓子屋さんのお菓子を紹介いたします。シェフ・パティシエの森大祐さんに紹介していただいたのは、東陽町にある【エクラデジュール】の一風変わったマカロン、その名も「マカヨン」です。クレヨンをイメージして作られたカラフルなマカロンを、クレヨンに見立てて作られているため、「マカヨン」という名がつけられています。味もばにら味、ぶるーべりー味、ぴすたちお味、まんごーとぱんっしょん味、きいちご味、ちょこれーと味などがあり、パッケージも凝っていますので手土産などでも十分に喜んでいただけるようになっています。色んなマカロンがありますが、見ているだけでも楽しくなるクレヨン仕立ての「マカヨン」、ぜひ東京土産の一つとして選んでみてください!

2:飽きのこない素朴な美味しさ目白「九十九餅(つくももち)」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

次に、荒岡眼鏡の三代目 眼鏡店ブリンク店主の荒岡俊行さんにご紹介していただいた、目白にある【志むら】の「九十九餅(つくももち)」。求肥(ぎゅうひ)で出来た餅でフワっと柔らかく、中に虎豆が入っているので、柔らかな餅と虎豆の組み合わせが、心地良いんだそうです。荒岡さん曰く、男性であれば二口か三口で食べきってしまうサイズで、1個食べては2個目2個食べては3個目に……とついつい手が伸びてしまうんだそうです。飽きのこない素朴な美味しさを味わえる「九十九餅」。東京手土産に迷ったら、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

3:松陰神社前にある人気パン屋さんのフランスの古典菓子「スドウキューブ」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

お菓子で最後に紹介するのは、松陰神社前にある朝からできたてのパンを求めて多くの人が訪れる、人気のパン屋さん【ブーランジェリースドウ】。パンの他にも手土産の定番である日持ちするお菓子、焼き菓子も販売しています。紹介者のシェフグラシエ・シェフパティシエの江森宏之さんが紹介してくれたのが、フランスの古典のお菓子「ブール・ド・ネージュ」を現代風にアレンジした口当たりがホロホロしているクッキーの「スドウキューブ」です。【ブーランジェリースドウ】のオーナー須藤秀男さんの名前がついたもので、バターのフレッシュ感も感じられ、食べ応えもありたまらないんだそうです。少し都心からは離れていますが、手土産で選べば一目置かれるのは間違いありません。

4:駒沢にある行列する煮込み屋の「煮込み」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

これからの季節でも役に立つ、お惣菜系の東京土産を紹介いたします。まずは、東京は駒沢にある知る人ぞ知る煮込み専門店【かっぱ】の「煮込み」。こちらの「煮込み」を紹介してくれたのは、このお店に25年以上も通っているというDJ/プロデューサーの木村コウさん。【かっぱ】の煮込みはモツではなく、牛のバラ肉を煮込んだ煮込みで、他の具は大きめにぶつ切りにしたこんにゃく、そして豆腐が入っています。内閣総理大臣賞を受賞したり、漫画の「孤独のグルメ」に登場したりなど、話題が尽きない時間によっては行列もできるお店です。メニューはその「煮込み」の一品のみでライスのサイズを選べる形になっています。「煮込み」はテイクアウトができますので、自宅でゆっくり飲む時や、人が集まってワイワイするときなどには、人気店の「煮込み」を肴にしてみてはいかがでしょうか。きっと驚かれるはずです!

5:京橋にある冷めても美味しい「焼き鳥」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

次に紹介するお惣菜系の東京土産は、大正10年創業の京橋にある老舗「伊勢廣」の焼き鳥。こちらを紹介してくれたのは、料理写真家の今清水隆宏さん。中でも名物「だんご」の美味しさは圧巻だそうで、モモ、胸、合鴨などの粗挽き肉を、ツナギなしで丸くお団子のように練って、塩で焼いた逸品なんだそうです。お店では注文できるお酒などの量も決まっているそうですので、ぜひおみやげで焼き鳥を買って、自宅でゆっくりと楽しんでいただきたい一品です。ちなみに「再加熱すると風味を損ないますので、なるべくそのままお召し上がりください」との注意書きが入っているそうですので、くれぐれも加熱はしないようにお願いいたします。

6:立石の行列ができる鶏肉専門店の「唐揚げ」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

最後に紹介するお惣菜系の東京土産は、食べ歩きとはしご酒ができる土地として、のんべえの方にも人気の下町、京成立石。こちらでは多くの人気店がありますが、プロデューサー の小祝誉士夫さんに紹介してもらったのが、鶏肉専門店【鳥房】の「唐揚げ」です。ただのから揚げではなく、鶏の首から足まで丸々揚げている唐揚げで、この「唐揚げ」が売り切れしたら閉店というぐらいの看板メニュー。小祝さん曰く、「立石の子どもは鳥房の唐揚げを食べて育つ」と言われるくらい地元民に愛されているそうです。テイクアウトもできますが、事前の電話予約を忘れずに。お店で食べたい方は、何度かお店にいっている方を同行者に連れて行くことをお勧めいたします。

7:西荻住民に愛される、老舗フランス料理屋の「クッキー」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

8:ネットで購入出来ない希少性の高い食感が味わえる「八雲もち」

東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選

※掲載情報は 2016/11/15 時点のものとなります。

  • 39
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
東京でしか買えない!マンネリを打破する!知る人ぞ知る東京の味8選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ