九種類のブランド米が味わえる驚きの米セット

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

九種類のブランド米が味わえる驚きの米セット

能登輪島米物語

九種類のブランド米が味わえる驚きの米セット

石川県輪島市の観光大使をしている。私はご飯大好き人間。白米の飯を日に一度は食べないと活力が湧かない。ぐるなび食のキュレーターになって最初にご紹介するのは、ずばりお米。小さなパックに入っているのは、「能登輪島米物語」 輪島で育ったコシヒカリと能登ヒカリだ。パックの色ごとに生産者も地域も、そして味も違う。なみのはな(波の花)のとくうこう(能登空港)ゆきわりそう(雪割草)かやぶき(茅葺き)まがき(間垣)などの九種類がある。つまり九軒の米生産者が育てた。輪島ゆかりの地名や、市の花、自然環境などが米の名前についている。私が食べているのは、かやぶき。輪島には今では希少となった茅葺き屋根の家が残っている。昼夜の寒暖の差が旨みを与えたコシヒカリだ。特徴は粒が元気に立っていること。能登の良質な水・土・空気が育てた極上米だ。ご飯がもう止まらない!ほかの米の特徴を言えば、ゆきわりそうは、さっぱり。なみのはなは、ツヤと粘り。のとくうこうは、噛むほど味わいがする。まがきは甘みが強い。能登輪島米物語、ワンパックに300グラム(2合)入っている。毎回九種類の違う米の味を楽しむのは贅沢な気持ちになる!次はどんな旨さが待ち受けているのか、ワクワクする!家族の会話も弾むだろう。贈答にしても喜ばれるだろう。現在は九軒の生産者だが、さらに増える予定だ。

九種類のブランド米が味わえる驚きの米セット

能登輪島米物語

能登輪島米物語コーディネーター

※掲載情報は 2014/10/30 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
九種類のブランド米が味わえる驚きの米セット
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今井彰

小説家・テレビプロデューサー

今井彰

石川県輪島市の観光大使です。奥能登は食材の宝庫。輪島と連動しながら海の里、山の里の美食家垂涎の旨いものをお伝えします。ちなみに奥能登の寒ブリは震えがくるほど美味しいです。仕事はテレビプロデューサー、TOKYO MXテレビで「ようこそ櫻の国へ」を担当。昔はNHKでプロジェクトXのプロデューサー、菊池寛賞などを受賞しました。食に関する番組はたくさん作ってきました。全国ネットワークを駆使して、希少な食材や、生産者の素顔などもご紹介したいです。
もうひとつの本業は小説家です。「赤い追跡者」(新潮社)「ガラスの巨塔」(幻冬舎)
ハードな中身ですが、魂を込めました。是非読んでいただけると嬉しいです。
TOKYO FMのパーソナリティです。「サードプレイス」「今井彰のヒューマンアイ」のレギュラーを持っています。
男のダンディズムを追求する鎌倉シャツTexTeqの専属モデルをしています。
色んな仕事をしていますが、いつもベストのものを創作し、発信し、皆さんと時代を共有してゆければと願っています。一緒に愉しみましょう。

この記事をシェアする

次へ

前へ