全国から申し込み殺到!生産が追いつかない会津の豆菓子

全国から申し込み殺到!生産が追いつかない会津の豆菓子

記事詳細


紹介している商品


人に教えたくなる隠れた名品。食べなきゃ損、会津の豆菓子

全国から申し込み殺到!生産が追いつかない会津の豆菓子

「こんなにおいしい物を、地方だけに眠らせてはいけない。」そう、バイヤーに言わせてしまう逸品があります。

 

福島県喜多方市の豆菓子おくやで作られている「おくやの十種ミックスうまい豆」。食べた時の感動は、今でも忘れません。これまで食べてきた豆菓子とは明らかに違う一品。美味しさの秘密は、メインの原料である落花生にあります。

 

口に入れるとカリッと軽い食感なのに、ジュワッと染み出る美味しさがあるのです。それもそのはず。会津産の落花生は、土が肥えているところで栽培されているため油分が豊富なんだとか。その美味しさを逃すまいと、豆菓子作りは手作業にこだわっています。

 

通常機械による殻むきがほとんどの落花生を、おくやでは手作業で殻をむき、その選別も全て手作業。そのため表面を覆う渋皮が破れず、傷がつきにくいため、酸化せず風味が保たれるのです。そこに会津産のみそなどをからめて出来上がり。

 

十種ミックスにはその他、地元産の黒豆などの豆が使われさとう・コーヒー・わさびなど十種類の味が楽しめます。

 

いまだ風評被害に苦しむ地元の農家の力になろうと、かつて落花生の生産地だった会津で開発されたこの商品は、落花生が採れて検査、商品化して検査、そして個別に再度検査。何度も検査を繰り返し、胸を張って世に送り出している会津の銘菓です。

だからこそ食べなきゃもったいない!

全国から申し込み殺到!生産が追いつかない会津の豆菓子

農家の方たちの力になりたいと購入したお客さんが、逆にこの豆菓子の美味しさにパワーをもらったというのもうなずけます。

 

一日最大20キロしかできない豆菓子のため、現在は申し込みが殺到してお店のHPからは購入できないかもしれません。この美味しさ、人に教えたくなりますよ。

※掲載情報は 2015/06/23 時点のものとなります。

  • 19
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
全国から申し込み殺到!生産が追いつかない会津の豆菓子
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

柳沼愛子

アナウンサー/ヨーグルトソムリエ

柳沼愛子

地方局でのアナウンサー経験から全国の美味しいものを独自取材。またヨーグルトソムリエとして世界のヨーグルトに精通。局アナnet日本ベジフルアナウンサー協会の代表も務め、「食」の情報発信をアナウンサー仲間と行っている。野菜コーディネーター。現在TVCMクレハ「キチントさんシリーズ」に出演中。その他レポート・撮影もこなす動画制作が人気。☆東北放送ラジオ「Good モーニング」内「ベジフル通信」出演 ☆食と農まつり(福島県白河市) ベジタブルステージ出演 ☆FOODEX 美食女子ママの愛グランプリ 審査員・出演 ☆The Manhattan FISH MARKET オープニング記者発表会 出演 ☆本「ふくしま山菜探検隊」出演など

次へ

前へ