「玄米初心者」に朗報、玄米の栄養そのままで簡単に炊けるニュー玄米登場!

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2015/08/31 公開

記事詳細

「玄米初心者」に朗報、玄米の栄養そのままで簡単に炊けるニュー玄米登場!

白米と同じ炊き方で、「玄米食」生活をゲット!

「玄米は現代人の体にはとても良い!」とよく言われますね。ちょっとお洒落ヘルシーなカフェや、ベジタリアンレストランなどには必ず登場する玄米食。皆さんのなかにも、選べるなら玄米をオーダーする方が多いのではないかと思います。

 

こんな玄米ブームの中、「おウチでも玄米食を中心にしたい」と思っている方はたくさんいらっしゃるようですが、どうしても億劫になってしまうのがその炊き方でした。浸水に一晩かかるし、圧力釜などがなければ柔らかい食感にはならない等々、かなりハードルが高い印象が強いようです。この手間が面倒なゆえに、玄米食を取り入れたいのだけれど……と二の足を踏む方が多数いらっしゃるのではないかと思います。

 

しかしなんと、白米のように素早く手軽に、炊飯器でも簡単に炊けるような玄米が発売されました。それがこの「金芽ロウカット玄米」です!

「玄米初心者」に朗報、玄米の栄養そのままで簡単に炊けるニュー玄米登場!

そもそも私たちが食しているお米は稲の種。カボチャの種やヒマワリの種と同じように、種の保存のために、吸水性のない硬い表皮におおわれています。玄米は「ロウ(蝋)層」といわれる層に防水されているようで、この皮膜が「硬い食感、炊飯に時間がかかる、消化に悪い」などという、快適な玄米生活をおくる上でのマイナスイメージなポイントになっていたのですね。

 

この「ロウカット玄米」は新精米技術によってこの「ロウ層」を均等にカット、白米のような食べやすさ、扱いやすさを実現した玄米界の革命児です。実際に炊飯器で炊いても白米のように柔らか、とても食べやすい。それなのに栄養価は今までの玄米とほぼ同等、というのですから安心ですね。

 

いままで玄米を敬遠してきた方に、特にお勧めしたい商品です。この機会に是非、ヘルシーな「玄米食生活」にチャレンジしてみてください!

※掲載情報は 2015/08/31 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
「玄米初心者」に朗報、玄米の栄養そのままで簡単に炊けるニュー玄米登場!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今清水隆宏

料理写真家

今清水隆宏

1965年、東京都生まれ。東京造形大学卒業。1988年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。
以後、国内・海外、料理研究家・シェフを問わず主に雑誌、料理レシピ、レストランなどの料理およびその周辺の撮影、書籍企画等を担当。他、百貨店等各種カルチャースクール、地方自治体等にて「料理写真講座」の講師、講演等でも活動。社団法人日本広告写真家協会会員。

この記事をシェアする

次へ

前へ