加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!

可愛くって、食べやすいサイズも魅力!

加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!

北陸新幹線が開通して、石川県の金沢に旅行に行った時に見つけた、「落雁 諸江屋」さんの一口サイズの「加賀鷹もなか」です。このサイズがなんとも可愛くて食べやすく、小さいので罪悪感もなく食べられるのが嬉しいです。お味はサクサクの最中の中にこしあんと粒あんが混ざった少しねっとりした餡が詰められていて、ほど良い甘さで美味しいです。

こちらの「落雁 諸江屋」さんは、江戸時代末期1849年に創業以来、160年もの間、石川県金沢で代々脈々と受け継がれてきた技と味、職人さんの情熱が自慢でもある老舗の和菓子屋。お店のこだわりは、材料を出来るだけ国産品を使用し、安全安心なお菓子作りを目指しているそう。「安全安心」を掲げられた美味しい物はやはり嬉しいですね。看板商品は落雁ですが、その他にも生姜砂糖がかかった軽いお煎餅や塩どら焼き、甘く柔らかく煮た黒豆を乾燥させた干菓子など、いろいろと品揃えも豊かです。

最中の上面の模様は勇壮さが評判だった「加賀藩」おかかえの大名火消し「加賀鳶・かがとび」の紋様だそうです。この「加賀鳶もなか」は1個から購入でき、6個入り、12個入り、24個入り、36個入りと人数や用途に合わせて購入しやすいのも便利です。ちなみに1つ60カロリーと低めなので、女性には嬉しいですね(笑)。

加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!

こちらは店頭にディスプレイされていた見本です。

加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!

※掲載情報は 2015/04/29 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
加賀百万石のお茶屋文化が生んだ一口サイズの極上最中!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

売間良子

料理研究家

売間良子

外資系企業の役員秘書として従事。結婚後、インターナショナルスクールに通う5人の子供たちの子育てが落ち着いたのを機に、麻布で料理教室「グルメ クッキング ファクトリー」をスタート。家庭で簡単にレストランの味を目指す「おもてなし料理」と「健康&美肌クッキング」教室が好評。又、インターナショナルな環境で経験してきた外国人のホームパーティ、おもてなし術も伝授。料理教室での試食はワインとお奨めチーズと共に。友人宅のようにリラックスして楽しんで頂くことが心情。

(取得資格)
全国料理教会認定准教師資格
全国料理技術検定・上級
NPO日本食育インストラクター
ラフォンテ・イタリア料理研究家養成コース修了
Wiltonコース修了
CEYJapanケーキポップス・ディプロマ取得
食品衛生責任者

この記事をシェアする

次へ

前へ