先代から二代目に受け継がれ、30年以上も愛される名品「イチゴシャンデ」とは?

先代から二代目に受け継がれ、30年以上も愛される名品「イチゴシャンデ」とは?

記事詳細


紹介している商品


形がシャンデリアのようだから「苺のシャンデリア」

先代から二代目に受け継がれ、30年以上も愛される名品「イチゴシャンデ」とは?

創業1964年。俺よりもちょっと年下のケーキ屋さん(笑)。家族経営だからこそ、変わらずにいつもソコにいてくれる、そんなホッとするケーキ屋さん。先代 小沢久氏は今でも工房に立ち、二代目 小澤武志氏と勤めを遂げる。この日もわざわざ工房から白衣と白帽に身を包んだ先代が顔をだしてくださった。「職人気質」、そんな言葉がここには似合う。

先代から二代目に受け継がれ、30年以上も愛される名品「イチゴシャンデ」とは?

先代から二代目に受け継がれる名品「イチゴシャンデ(小)」。シャンデって、なに?みんなきっと訊ねているだろうね。でも二代目の武志さんは、なんのてらいもなくこう答えてくれた。「形がシャンデリアみたい……苺のシャンデリア、で語呂が良いので“イチゴシャンデ”って先代がつけたんです」。丸ごとフレッシュ苺に生クリームを盛ってチョコレートでコーティング。土台のクッキーはちゃんとサックリしていて、形はミニマムなのに完成度はマキシマム。誕生して30年以上経ってもこのシャンデリア耀きを放っている。(是非、美人にパックリして欲しい!笑?)

イチゴシャンデ(小)

オザワ洋菓子店:東京都文京区本郷3丁目22−9

※掲載情報は 2015/03/19 時点のものとなります。

  • 22
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
先代から二代目に受け継がれ、30年以上も愛される名品「イチゴシャンデ」とは?
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

スイーツ番長

グルメプロデューサー、グルメブロガー

スイーツ番長

強面のルックスとスイーツのギャップ、そのライフスタイル、そして見識の深さ、個性的な文体と美しい写真による独自のスイーツ評が耳目を集め、テレビ、ラジオ、新聞雑誌、WEBコンテンツ、ソーシャルメディアなどでも活躍するほか、スイーツ&グルメなどのプロデュース、催事、イベント等も精力的に展開する傍ら、テレビコマーシャルなどにも出演。世界最大級の女子会と呼ばれる日本女子博覧会グルメ&スイーツプロデューサーに就任し博覧会イベントなどを積極的に展開している。
著書に「男のパフェ」(日本出版社)、「スイーツ番長の至高の10大スイーツ」(東京書籍)、「手みやげスイーツ100選」(東京地図出版)。TSUTAYA.com eBOOKs「ガチで美味しいパンケーキBest34 首都圏版」では自ら電子書籍の編集人も負う。
フードキュレーター協会代表、2014年にグルメブログのインフルエンサーユニット「たべあるキング」を旗揚げし主宰を務める。

次へ

前へ