材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

記事詳細


紹介している商品


甘酸っぱさに癒される……! 想いのこもった発酵シロップ

クリスマスが過ぎ、今年も残すところあとわずか。大掃除やおせち、年賀状の準備などでバタバタされている方も多いと思います。

今回は、そんな忙しいときの“ひといきタイム”にぴったりの、絶品シロップをご紹介します。

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

京都市・中京区にあるイタリアンレストラン「Bini(ビーニ)」。「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」にて一つ星の評価を受けている名店で、四季の移ろいを表現する中本シェフの料理は多くのファンから支持を受けています。

シェフは、技術向上のためにテーマを持って料理をしているそうで、ここ5年程のテーマは「発酵」なんだそう。「発酵=待つ」という考えで商品開発の機会をさぐっていたところ、昨年には感染症の影響で休業の事態に。しかし、発想の転換で良い機会だととらえ、発酵シロップづくりに着手したそうです。

自然災害で売り物にならない農作物、感染症の影響で売り先がなくなってしまった食材……これらの生産者さんとシェフとの交流も、開発に至った経緯のひとつなんだとか。

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

こうして出来上がったのが、『瀬戸内のレモンと黒糖の発酵シロップ』。

ギフトボックスを開けると、2種類の発酵シロップが入っています。

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

左側は「2020 "SHIMANAMI"」

右側は「2021 "AWAJI"」

中本シェフは、この発酵シロップを毎年決まった頃に同じように仕込んでいるそう。材料はレモンと波照間島の黒糖のみ!

2020年のシロップはしまなみ海道の生口島(いくちしま)産のレモンを使用し、2021年のものは淡路島産のレモンを使用しており、発酵熟成期間の飲み比べができるセットになっています。

  • 材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
  • 材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

2つのシロップ、色味はほとんど同じですが、スプーンですくってみると2020年のシロップのほうがとろみがあり、2021年のシロップはさらりとしています。

今回は炭酸水で割ってレモネードのようにして飲んでみることにしました。6〜8倍希釈がおすすめとのことで、さっそくいただいてみます!

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

▲2020 "SHIMANAMI"

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

▲2021 "AWAJI"

 

どちらも、レモンの酸味と黒糖のコクのある甘みがふわっと口の中に広がります。「発酵シロップ」だけあって、お酒のような香りも。2021年の方は比較的黒糖の甘さが前に出てくる味わいですが、2020年の方はレモンと黒糖が混ざり合い、コク深くマイルドな味わいに。お好みもあると思いますが、2020年の方はより大人向け、2021年の方はお子様でも飲みやすいかなという印象を受けました。

 

炭酸水のほかにも、お湯で割ってホットレモンにしたり、紅茶に入れたり、お酒の割材としてもおすすめです。スパークリングワインもよし、オシャレなチューハイもよし……自宅でバー気分が楽しめそうですね。お肉やお魚料理の隠し味やサラダのドレッシングのベースなどにもおすすめとのことで、お料理の幅が広がるのも楽しみです。

個人的にはバニラアイスにかけて食べるのがとても気に入りました。ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

  • 材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
  • 材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

「Bini」の中本シェフは、「よい素材を使って、シンプルに」という思いで、素材本来の美味しさを損なわないようにドリンクを作っているそうです。そんなシェフの想いが詰まった絶品の発酵シロップは、年末年始の忙しいときにもホッとできる美味しさ。皆さまでぜひお楽しみください!

紹介しているお店
Bini

チーズがたっぷりすぎる……! ボリューム満点「Bini」のラザニア

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

「Bini」では、発酵ドリンクのほかにもさまざまなお取り寄せグルメを販売しています。わたしが個人的に感動したのがこちらのラザニア!

 

このラザニアは、レストランで提供するお料理とはまた違う“トラディショナルなBiniの味”をご家庭で楽しんでもらえるようにと開発した #おうちでBini シリーズの一つ。お肉たっぷりのボロネーゼ、ベシャメルソース、パスタのハーモニーを味わうことができます。

一度焼いた後に急速冷凍をかけており、よくある紙皿ではなく、紙に包まれた上から真空パックで包装されています。

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

調理法はカンタン!

 

1) 袋から出したラザニアの包み紙を外す

※包み紙は少し外しにくいので、丁寧に外すようにしましょう。

 

2)凍ったままグラタン皿に置く

 

3)ラップをかけずに電子レンジで500w6分/600w5分温めるだけ!

 チーズが溶けてよい香りがし、グツグツと音が聞こえたら出来上がりです。

 温まっていないときは少しずつ加熱時間をプラスしてみてくださいね。

材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ

一口食べてみると、たっぷりのチーズに感動!! モッツァレラチーズとグラナパダーノチーズがアツアツで、これだけでも満足度があります。いわて短角牛と南の島豚を合わせたボロネーゼも絶品。こんなごちそうが家で食べられるなんて嬉しくなってしまいます。

パックの中には2カットのラザニアが入っているので、シェアするのもおすすめ。もちろん、独り占めもできちゃいます!

疲れたときや、急な来客時のおもてなしに冷凍庫にストックしておきたいこのラザニアは、ミネストローネやサラダなどをプラスすればバランスのいい食事になりますね。

ぜひこちらもお試しください!

紹介しているお店
Bini

※掲載情報は 2021/12/26 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
材料はレモンと黒糖だけ!? こっくり美味しい「Bini」の発酵シロップ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松田智華

バイヤー/管理栄養士/㈱ぐるなび

松田智華

東京育ちの30代。百貨店や出版社を経て、現在は(株)ぐるなびで食のバイヤーをしています。
とくに「調味料」が得意分野で、これまでに試食してきた調味料の数はなんと2000種以上にも。
管理栄養士の資格を活かし、安心安全な食を提供するために各方面で活動中。
共著での書籍の出版、雑誌への寄稿やテレビ出演など、メディアにも多数登場しています。
好きな食べものはパイナップル、カレー、グラタン。各地をお散歩中に見つけたおいしいものや、
魅惑のお取り寄せグルメ、キッチンに立つのが楽しくなるアイテムを中心にご紹介していきます!

次へ

前へ