食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

記事詳細


紹介している商品


ワインとの相性をストイックに突き詰めたチーズケーキ

「ワインにも合うチーズケーキ」というのは最近見かけるようになりましたが、このケーキは「どのジャンルのワインにも合う」ということを目標にした究極のケーキ。相性をストイックに突き詰めたからこそ、敢えてコーヒーや紅茶との相性を除外したという徹底ぶりです。

 

本当に名前通りの相性の良さを見せるのか?シャンパーニュ、南仏のロゼ、ボルドーとローヌの赤ワインで、検証してみました。

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

ワインのタイプやジャンルを問わない抜群の相性

まずはケーキを一口。

濃厚でしっとりとした生地が舌の上でとろけ、奥からブルーチーズの塩気と香りが立ち上り、香りの余韻が長く印象に残ります。甘いとも辛いとも言えない絶妙の糖分のさじ加減は、甘さ控えめなケーキがお好きな方にも好まれそうです。

 

シャンパーニュを一口含んでみると、滑らかな泡がビロードのように舌の上を滑り、ケーキが天使の羽を纏ったような軽やかな印象に変化します。ロゼだとややチーズの骨格を強めに感じ、赤を合わせるとブルーチーズの塩気をより感じ、重厚な印象に仕上がっていきます。

 

ティータイムにはシャンパーニュで、地平線に沈む夕陽を見ながらロゼで、暖炉で燃え盛る薪を見ながら赤でと、時間軸でのマリアージュも楽しめそうな素晴らしいケーキでした。

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

逆境から生まれた!新発想ケーキ

実はこのケーキ誕生には汗と涙の物語があります。

 

「レトノ」は1日3回転するほど大人気な八丁堀のビストロ。シェフもお店のスタッフも全神経を来店するお客様に集中し、充実した日々を送っていました。

 

ところが全世界を突然襲った感染症による非常事態宣言を受け、お店はやむなく3か月間の休業を強いられることになります。

 

出口の見えない闇でもがき苦しみながら、何をできるか考え続けた毎日。ワインビストロだからこそ出せる今までどこも考えつかなかったものはないだろうか・・・。和田倫行シェフが悩み抜き、とうとう完成させたのが「世界で一番ワインに合うチーズケーキ」だったのです。

 

香りの余韻が長く残って記憶に残るケーキ、またすぐに食べたくなるケーキを目指して、取り寄せたブルーチーズはデンマーク、イギリス、イタリア、日本など10種以上。絶え間なく試作した結果、イタリアのゴルゴンゾーラ・ピッカンテが「旨味」「塩味」「甘辛さ」の絶妙なバランス感を生み出すことが判明。

さらに冷凍して宅配という特殊性を考え、作りたてだけでなく、食べるときに最高の状態になるバランス感を重視しました。このケーキは2日間ほど置くと熟成香が広がり、さらに深みのある味わいになるのが特徴なのです。

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

ブラックのパッケージもお洒落で、大切な方への贈り物やワインパーティの手土産にも最適です。

真空冷凍フレンチ「おうちdeレトノ」

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

レトノにはこの他にも、お店の味をそのまま家庭で味わえる「真空冷凍フレンチ」シリーズを、コロナ禍を機にスタートしました。

冷めたテイクアウトではなく、出来立ての一番おいしい状態のお料理を食べてもらいたいと、料理の温度を大切にする和田シェフが悩み抜いた数々の真空冷凍フレンチ。袋のまま温めたり、レンジでチンしたり、トースターで焼くだけという手軽さです。説明書に写真がついてきますので、そのままの盛り付けを再現すれば、まるでレストランのようなお洒落なフレンチが簡単に再現できます。

 

また、耐熱容器が家庭にないことも想定し、黒豚のリエットやカモのコンフィなどは、容器が一緒にセットになっているという気の利かせようなのです。

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

解凍前

食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ
食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ

解凍後

 

家で本格的なビストロ料理を作るのは相当な時間がかかりますが、「冷凍真空フレンチ」は温めるだけなので、ホームパーティ、家族の記念日、お洒落な週末の食事などにピッタリ。

 

日本人初の南仏プロヴァンス・リュベロンのワイン大使に就任し、自ら毎年現地に買い付けのために足を運ぶ和田シェフのお料理は、ワインとの相性抜群です。底力を感じさせるお料理に特に合わせたいのは、土の香りのするような南仏のワインたちですね。

 

逆境から生まれた本物のビストロの味を、ご自宅で是非味わってみてください!

※掲載情報は 2021/02/06 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べ始めたら止まらない!「レトノ」ワインのためのチーズケーキ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

林麻由美

ソムリエ・ワイン研究家

林麻由美

企業、オンラインショップ、イベントにマッチしたワインセレクトやセミナーを行うソムリエ・ワイン研究家。
国内大手航空会社に乗務員として入社。国際線ファーストクラスを15年担当、世界55カ国以上を回り、世界各国のワインや様々な職業や人々に触れるうちに、ワインが繋ぐ人の縁の素晴らしさに感動する。
1995年に当時はまだ耳慣れない言葉だったソムリエの資格を取得、2001年にシニア・ソムリエも取得。その他、クージヌリー・ド・ブルゴーニュ、英国WSETLevel3、日本酒利酒師、温泉ソムリエ、フードアナリスト記者の資格を持つ。
現在は、ボルドーワイン騎士団理事、サクラアワード常任審査員、イベント・バンキング・フードイベント・プロデューサーとして、ワインと食の啓蒙活動に努めている。
JAL、アメックス、ダイナース、VISAの機関誌、ワイン専門誌では、テイスターや筆者として、ブルガリやディオールなどのファッションブランド企業、電通などの大手企業では、オーダーセミナーを行う。また、ジェラールチーズなどのオンライン販売では、チーズを使った料理とワインのマリアージュを提案している。

次へ

前へ