元祖レイズン・ウィッチのクッキーだけ?!『プレーンウィッチ』も私の定番!

元祖レイズン・ウィッチのクッキーだけ?!『プレーンウィッチ』も私の定番!

記事詳細


紹介している商品


濃厚なバターが香るクッキー

元祖レイズン・ウィッチのクッキーだけ?!『プレーンウィッチ』も私の定番!

レイズン・ウィッチの元祖小川軒。定番のレイズン・ウィッチは手土産にも自分用にもよく購入しています。外側のクッキーは濃厚なバターと天然バニラの香り豊かで、中には洋酒に程よく漬け込まれたレーズンと特製クリームがサンドされています。その大好きなレイズン・ウィッチの中身なし、クッキーのみの商品があるとは!!その名も「プレーン・ウィッチ」。私はレイズン・ウィッチのクッキーがとても好きなのです。でも、クリームなしだとどんな味になるのだろう、と恐る恐る一口食べてみると、バターの濃厚さそのままでサクッ&ホロ。すっかり虜になりました!クリームがないので最後の一口までサクッ&ホロを楽しむことができました。

 

クリーム入りとクリームなしはどちらがいいか?と聞かれたら、どちらも美味しいので私には選ぶことができません。どちらも濃厚バターを楽しむことができ、それぞれ全く別のよさがあります。

うちのこどもはレーズンが苦手なので、いつもクッキー部分だけをとって食べているのですが、レーズンが得意でない方にもぜひおススメしたいです。

 

こちらは代官山の小川軒で販売しています。代官山に行った際にはぜひ試していただきたいです。

元祖レイズン・ウィッチのクッキーだけ?!『プレーンウィッチ』も私の定番!

※掲載情報は 2020/12/10 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
元祖レイズン・ウィッチのクッキーだけ?!『プレーンウィッチ』も私の定番!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

長谷川文

フリーアナウンサー

長谷川文

東京都世田谷区出身。大学卒業後、テーマパークに勤務。イベント企画開発部門にて限定イベントのメニュー開発にも携わる。
退職後はフリーのアナウンサーとして、主に企業の決算説明会やプレス発表、ブライダルの司会などをする。
その他、アナウンス講師や東京FM主催DJライセンスの審査員など。

スイーツの名門が立ち並ぶ自由が丘の近くで生まれ育ち、小さい頃から美味しいスイーツ探しが趣味。
高校時代は週に一度の家庭教師の日に先生と一緒に尾山台の「オーボンヴュータン」のケーキを食べられるのがとても楽しみでした。

現在は3人のこどものママ。小学校・幼稚園・幼稚園就学前のこどもたちを育てながらも「素敵ママ」と言われるような手土産やおもてなしスイーツを日々探しています。
最近はこどもたちと一緒にお菓子作りを楽しんでいます。こどもたちの健康のためベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も取得。

次へ

前へ