香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

記事詳細


紹介している商品


九州・玄界灘に浮かぶ “対馬”で130年以上続く老舗醤油蔵。

九州北方、長崎県の北西端。玄界灘に浮かぶ6つの有人島と約70の無人島からなる対馬市。

そこに、明治20年創業の醤油醸造の蔵元があります。

“対馬醤油江口”

一般的に“老舗”という言葉は、創業100年を越えたところをいいますが、こちらは、創業130年以上!

まさに、老舗という言葉が相応しい対馬に唯一残るお醤油蔵です。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

若い感性が手掛けた対馬の魅力香る新しいお醤油。

対馬醤油江口では、対馬の郷土料理に欠かせない強力淡口醤油から、九州独特の甘さのある濃口醤油、ポン酢、生姜醤油に、お醤油を使ったたれ、またお味噌を作っています。

 

そして、創業130年の記念すべき年に新しいお醤油を開発。

手掛けたのは、幼い頃からお醤油の醸造現場で育った江口慶祐さん。

若い感性が目を付けたのは、地元で春の訪れを告げる海藻“あおさ”です。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

海のエメラルドと呼ばれる鮮やかなグリーンが特徴のあおさは、香りと風味の良さが魅力。

その魅力を活かして作られたのがこちらの“あおさ醤油”です。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

素材の味を活かすあおさ醤油。

九州のお醤油と聞くと、とろりとして、甘いイメージがあり、あおさの海藻自体がドロッと入っているものを想像していましたが、このあおさ醤油は、さらり。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

「あおさはどこに?」と思いながら、味見してみると・・・

いました!

あおさの香りがふわっと広がり、お醤油のうま味があとからじんわり広がります。

お醤油自体も美味しい上に、そこに煮出したあおさをふんだんに加え、そのあおさの良いところだけを重ね、上品な仕上がりに。

 

白身魚の刺身醤油にすると、そのお醤油の魅力がより一層発揮されます。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

淡白な白身に、ほのかなあおさの香り。

海藻の香りが邪魔するのではなく、あくまでも素材を引き立てる存在。

イカのお刺身は、抜群に合います。

 

卵かけご飯やぶっかけうどん、納豆にオススメというお話を聞き、それならと、卵+うどん+納豆の組み合わせで。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

お醤油の美味しさに、あおさのうま味、香りがおうどん、卵、納豆、どれとも好相性で、品よくまとめてくれます。

香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”

他には、冷奴、卵焼き、おひたしなどシンプルなお料理ほど、このあおさ醤油の魅力が感じられ、お料理の美味しさが格段にアップ。

 

120㎖というサイズ感も気軽に楽しめるので、ありがたい。

とはいえ、あっという間に使い切ってしまうので、何本かストックしておきたいところ。

 

海に囲まれた対馬の春のうま味と老舗のお醤油が出逢った一本。

いつもの味をより華やかに。より美味しく。

あなたは、何にかけてみたいですか?

 

■あおさ醤油

120㎖ ¥350

※掲載情報は 2020/04/09 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
香りとうま味が食材を品よく引き立てる対馬発“あおさ醤油”
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

齊藤美絵

ツタエルヒト。×フードマエストロ

齊藤美絵

ラジオパーソナリティとして、長年ラジオ番組やTVのナレーター、MCとして「声」で空間を彩る。その一方で、フードマエストロとして、“魅力的な食”の伝え手として活動。

特に、ハワイ産の食材・食品の魅力を伝えるべくハワイの畑や工場を周り、生産者とコミュニケーションを取り、現地の様子を伝え、その食材を使ったイベント企画やホテル・レストランへのメニューのプロデュース等を行う。

現在は、一児の母として、子供に安心して食べさせられるシンプルな美味しい食材・食品を日ごろから探求し、発信している。鰹節の魅力を伝えるにんべんだしアンバサダーとしても活動中。

次へ

前へ