銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

記事詳細


紹介している商品


銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

パティスリーのパウンドケーキのおいしさとはひと味違う、銀座の日本料理店「Kuma3(クマサン)」がプロデュースする、和素材とフランス産発酵バターを見事に融合させた、芳醇すぎる香味の“けーき”に出会いました。

 

その名も「銀座へしれけーき」。

 

味は3種類。丹波栗をはじめ厳選された大粒の和栗入りの「わぐり」、宇治抹茶と大納言小豆を使用した「抹茶」、大粒の丹波黒豆入りの「くろまめ」があります。

 

3種類に共通して使われているのが、最高級の「フランス産発酵バター」。

箱を開けた瞬間に立ち上るその馥郁たる香りと言ったら!!!

日本人の心を揺さぶる、甘くふくよかな贅沢極まりない洋の香りです。

 

さらに、鶏舎から餌までこだわった、山形県産 山田ガーデンファームの新鮮な「朝採り紅花たまご」も使われています。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」
銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

3種類の中でも特にお気に入りなのが、「わぐりへしれけーき」。

丹波栗をはじめ厳選された大粒の和栗が使用されています。

 

箱を開けた瞬間に広がるバターのふくよかな香りにトキメきつつ袋をあけると、じゅわっとバターが染みでたしっとりとしたBODYが登場。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

ずっしりとした重みなので、覚悟をしてナイフを入れたら…あらっ!? 想像を裏切るテクスチャーで、スーっとなめらかにナイフが通ります。

 

さらに断面を見てキュン!

どこを切っても、金太郎飴状態で大粒の栗の断面が現れるんです。

まさかこんなにも贅沢に、ごろんと大粒の栗が入っているなんて。

刻み栗も散りばめられていて、断面の半分が栗!という想像以上の栗度にトキメキが止まりませんでした。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

バターの芳醇な香り、断面に次いで、さらに3度目のトキメキポイントが!

お口に入れた瞬間に、バターが舌の温度でじゅわ~っと溶けだし、生地がほろほろっとほどけ、最後に栗がほくっ。

バターの甘やかでリッチな香りに包まれながら、和栗のほっくりとした自然な香味を噛みしめる口福。

まさに和と洋の贅沢極まりないコラボレーションです。

 

通常栗のパウンドケーキというとラム酒やコニャックなどのお酒を効かせて、甘味の余韻をスッキリと切るのですが、こちらにはお酒は使われていません。

しかも芳醇な香りの発酵バター、贅沢な旨みの卵、さらに存在感のある和栗と、それぞれに個性を発揮する素材ばかりが使われているにも関わらず、それぞれが喧嘩することなく見事に融合し、互いに引き立てあっているのです。

 

シンプルながらも奥深く、贅沢ながらもほっこりする味わい。

質にこだわる本物志向の方に、ぜひ贈っていただきたい逸品です。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

もう一品、甘いものがお苦手な方や海外の方にもおススメなのが「抹茶へしれけーき」です。

京都府、三重県産の「宇治抹茶」、厳選された大粒の兵庫県丹波産「大納言小豆」が贅沢に使われています。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

こちらにもこだわりのバターと卵が使われていますが、抹茶の苦みがプラスされる分甘さは控えめに感じられます。

 

またわぐりへしれけーきよりも繊細な生地感で、やさしくほどけ、形はしっかりと残しながらも柔らかく炊きあげられた小豆と一緒にほろほろっと口溶けていきます。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

わぐりは大粒の栗がごろんと贅沢に入っているのが魅力でしたが、抹茶はどこを食べても生地と小豆を一緒に食べることができるところが魅力。

 

素材の凝縮感がたまらない、高級感ただよう大人の逸品です。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

素材の持ち味を損なわないよう、低温で時間をかけてじっくり焼きあげることで生み出されるこの至福の食感。

 

どちらのへしれけーきも、料理長のおすすめは「独特の風味と舌触りをお楽しみいただくため、冷蔵庫で3時間冷やしてからお召し上がり下さい。」とのこと。

 

あまりもバターリッチすぎて、常温に戻しすぎるとバターの香りがくどく残り、食感も柔らかくなりすぎるからなのかなと。

生地と和素材の食感のコントラストも、冷やす方がくっきりと描きだされます。

 

バターが少ししまった状態でいただいてもこれだけ香り芳醇なのですから、ぜひおすすめの食べ方どおりにいただいてみてくださいね。

 

また合わせるドリンクによっても、異なる表情を愉しむことができます。

コーヒーや紅茶はもちろん、和の素材がたっぷりと使われているので日本茶やほうじ茶との相性も抜群。

 

コクのある白ワインなら栗や豆のやさしい甘みが、しっかり樽の効いた赤ワインならバターの香りが引き立ち、シャンパンと一緒であれば後口の甘みをスッキリと切ることができます。

銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」

こだわり素材をふんだんに使ったおいしさに加え、銀座の高級日本料理店プロデュースというブランド性、各種1日20本販売という希少性も特別感をプラス」。

 

和テイストを取り入れたシックなパッケージも高級感があり、自分へのご褒美や、大切な方への手土産やギフトに最適です。

 

賞味期限もやや長めなので、海外へのお土産や、来日された海外の方に和の心を伝える贈り物としてもお薦めですよ。

紹介しているお店
Kuma3(クマサン)

※掲載情報は 2020/03/04 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
銀座 日本料理店が生みだす和魂洋才スイーツ「銀座へしれけーき」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松本由紀子

スイーツコーディネーター

松本由紀子

スイーツコーディネーター&ライター。

一般雑誌、菓子専門誌、TV、ラジオ、webサイトと多岐にわたり、ライター&コメンテーターとしてスイーツ情報を発信。スイーツ関連メーカーのコンサルティングを務め、商品開発、コラボ商品の企画、マーケティングに携わる。スイーツ講座(定期/単発)の講師も務める。

10名のパティシエの珠玉の一品!を集約したDVD 『Sweets美術館』をプロデュース&出演。
http://www.amazon.co.jp/Sweets美術館-2012-松本由紀子/dp/B00BPJSFF2

百貨店催事やイベントをプロデュースし、「スイーツコーディネーター松本由紀子セレクション」なる冠催事を展開。
*2012年11月~:フランスフェアー@JR大阪三越伊勢丹
*2014年2月:サロン・デュ・ショコラ@JR大阪三越伊勢丹
*2015年2月:アムール・デュ・ショコラ@大阪高島屋
*2015年10月~:松本由紀子セレクション@阪急うめだ本店 

ORIGINE KOBEの広報を務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-2060/

次へ

前へ