輪島朝市で大人気の手作り海苔佃煮は期待を裏切らなかった

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2015/02/23 公開

記事詳細

輪島朝市で大人気の手作り海苔佃煮は期待を裏切らなかった

紹介している商品

紹介しているブランド


海を知り尽くした人々が作る海苔の佃煮

輪島朝市で大人気の手作り海苔佃煮は期待を裏切らなかった

やっと出会えた。長い間、海苔佃煮を探してきた。なかなか見つからなかった。口当たりはよいが海苔の繊維が感じられないほど溶かしてしまったものもある。新鮮とうたいながら磯の匂いが強烈過ぎて腰が引けるものもある。海の畑がうみだす幸を使うだけに、扱いは極めて難しいのだ。私が求めていたのは、添加物のない海苔佃煮。なおかつ海を目一杯感じることのできる最高の鮮度を持った海苔佃煮が食べたかった。

灯台下暗しというのだろうか、石川県輪島市の観光大使になって、輪島市朝市組合の組合長である、小林政則さんに出会った。最初は干物が美味しいのでそればかりを頂いていたのだが、あるときフェイスブックで、小林さんの『のり佃煮』が美味しく、地方で販売したところ、110瓶がたちまち完売したという話を聞いた。期待を込めながら、小林さんの手作りのり佃煮の封を開けた。なんということだろう!海苔の繊維の食感が心地よい、甘みの塩梅が真によろしい。のり佃煮を巻き込むようにして飯を食うと止まらない。すべて手作りの感動だ。輪島は海辺に面した町、海を知り尽くした人々が作る。本物ののり佃煮だ。

大鍋で1時間半煮込む。手で回しているから繊維が残っている。輪島朝市で買える極上のり佃煮だ。ご飯にのせれば、あまりの美味しさに食べすぎてしまうかもしれない。

※掲載情報は 2015/02/23 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
輪島朝市で大人気の手作り海苔佃煮は期待を裏切らなかった
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

今井彰

小説家・テレビプロデューサー

今井彰

石川県輪島市の観光大使です。奥能登は食材の宝庫。輪島と連動しながら海の里、山の里の美食家垂涎の旨いものをお伝えします。ちなみに奥能登の寒ブリは震えがくるほど美味しいです。仕事はテレビプロデューサー、TOKYO MXテレビで「ようこそ櫻の国へ」を担当。昔はNHKでプロジェクトXのプロデューサー、菊池寛賞などを受賞しました。食に関する番組はたくさん作ってきました。全国ネットワークを駆使して、希少な食材や、生産者の素顔などもご紹介したいです。
もうひとつの本業は小説家です。「赤い追跡者」(新潮社)「ガラスの巨塔」(幻冬舎)
ハードな中身ですが、魂を込めました。是非読んでいただけると嬉しいです。
TOKYO FMのパーソナリティです。「サードプレイス」「今井彰のヒューマンアイ」のレギュラーを持っています。
男のダンディズムを追求する鎌倉シャツTexTeqの専属モデルをしています。
色んな仕事をしていますが、いつもベストのものを創作し、発信し、皆さんと時代を共有してゆければと願っています。一緒に愉しみましょう。

次へ

前へ