海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

記事詳細


日本人だけでなく、今や外国人観光客のお土産にも大人気な抹茶スイーツ。観光地では抹茶のクッキーやチョコレートを箱買いする姿もよく見かけますが、今回ご紹介するのは定番からさらに進化した珠玉の7選。どれも抹茶の風味がしっかりたのしめるのはもちろん、新感覚なテイストのものを集めましたのでぜひチェックしてみてください!

1:行列必至!京都発『朧八瑞雲堂』のクリームたっぷり「生どら焼き」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

老舗が揃う京都の和菓子にはめずらしい、2009年創業の新しいお店『朧八瑞雲堂』。最近京都で大注目のエリア紫竹にお店を構えており、餅菓子や干菓子も美味ですがおすすめは毎日行列ができるという「生どら焼き」。横から見るとクリームたっぷりのびっくりサイズで食べ応えも十分。見た目のインパクトに反して餡子と甘さ控えめのクリームがあっさりとしているので、これは並んででもぜひ食べたいですね。

2:抹茶そのものを食べているよう!『長峰園』の「狭山茶ブール・ド・ネージュ」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

有機肥料や低農薬化などといった減農薬・減化学肥料を理念として茶園を管理している埼玉のお茶農家『長峰園』。抹茶を使ったレーズンサンドや、ほうじ茶を使ったフィナンシェなど、お茶だけにとどまらずスイーツも展開しています。なかでもおすすめはダイレクトな抹茶風味を存分に味わえる「狭山抹茶ブール・ド・ネージュ」。小麦粉やバター、砂糖、アーモンドなどで作ったクッキーですが、まるで抹茶の粉を固めてほんのり甘みをつけたお菓子のような、直球さが魅力の一品です。

3:熟練のパイ職人がなせる技!スティックパイ専門店『coneri 品川』の「静岡産抹茶」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

2019年3月に品川駅構内のエキュート品川サウスにオープンした、スティックパイ専門店『coneri 品川』。この新ブランドを手掛けているのは、創業130年を超える「うなぎパイ」で有名な、静岡県浜松市の菓子屋『春華堂』です。熟練のパイ職人による手仕事で、パイ生地作りの要となる“こねる、折る、伸ばす”の工程をしっかりこなした逸品。抹茶好きなら、静岡産抹茶が醸す鮮やかなグリーンとほのかな苦みのチョコレートのバランスがたまらない「静岡産抹茶」味をぜひ食べてみてください。

4:京都だけの限定品!『PRESS BUTTER SAND』の「バターサンド<宇治抹茶>」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

2017年の登場以来、いまだ行列が絶えないバターサンド専門店『PRESS BUTTER SAND』。京都にも進出を果たし、レギュラー商品のバターサンドに加えて注目されているのが、京都限定の商品「バターサンド<宇治抹茶>」。生地とバタークリームの両方に宇治抹茶を使用し、抹茶本来の芳醇な香りがバターのコクを引き立てています。クッキー生地はこの商品のために開発されたオリジナルのプレス機を使用し、フレッシュバターを使った滑らかなバタークリームとトロリとしたバターキャラメルの2層構造。食べると意外とあっさりしているので、ついもうひとつ!と手が伸びてしまいます。

5:王道ならこれ!『辻利兵衛』の「辻利兵衛本店の宇治有機抹茶入大福」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

『辻利兵衛』といえば1860年(蔓延元年)から続く老舗中の老舗で、日本を代表する代々続く伝統店のひとつ。こちらでおさえておきたい和菓子といえば「辻利兵衛本店の宇治有機抹茶入大福」です。口当たりなめらかなクリームと、北海道産小豆の生餡から炊いた黒糖餡を柔らかい羽二重もちで包み込み、挽きたての有機抹茶をたっぷりまぶした一品。ひと口食べれば大福のやわらかさにからみつく抹茶の濃い渋みが口中に広がる極上の味わいです。

6:抹茶の香りとチョコレートの甘さが絶妙!『中村藤吉本店』の「ガトーショコラ」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

京都にあるお茶の銘店といえば知る人ぞ知る『中村藤吉本店』。お茶だけでなくこちらで販売するスイーツも絶品なのをご存知でしょうか。チョコレートも人気ですが、おすすめはこちらの「ガトーショコラ」。ホワイトチョコレートと抹茶を使ったガトーショコラで、箱は高級感あふれる美しい桜色。切ってみるとなんとも鮮やかな抹茶色で、カットした瞬間から柔らかないい香りが漂います。表面はさっくり、食べると中はしっとりなのが絶妙で、しっかり残るお茶の芳香とホワイトチョコレートの甘さがほど絶妙にマッチしています。

7:ごつごつとした風貌もインパクト大!『菓匠 徳増』の抹茶シュークリーム「岩苔」

海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ

洋菓子の名店『ピエール・エルメ』で修業した徳増さんがオーナーを勤める、横浜市港南区にあるモダンなお店『菓匠 徳増』。たくさんのスイーツが並ぶなかで、人気を集めるのが抹茶のシュークリーム「岩苔」。カスタード、シュー皮、クッキー生地、それぞれに適した抹茶を厳選し贅沢に使用して作っているのだそう。ごつごつしているように見えるシュー皮ですが食べると柔らかな食感で、中のカスタードクリームとの相性も抜群。これは差し入れにもぴったりですね。

※掲載情報は 2019/04/18 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
海外の人にも教えてあげたい!進化し続ける珠玉の抹茶スイーツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ