オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

記事詳細


ゴロゴロ食感!パンが格段に美味しくなる魔法のオリーブオイル

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

今年の1月まで徳島県に住んでいた私は引っ越す前にどうしても行きたい場所がありました。それは、香川県の小豆島。

 

以前、小豆島を舞台にした映画を観て、その景色に魅せられ、四国に住んでいるうちに絶対に行こう!と心に決めていたのです。
ということで、昨年(2018年)12月に徳島から車で高松へ、高松からフェリーで小豆島へという経路で、初めて念願の島へ足を踏み入れました。

 

想像していた通り、素敵な島でした。
ゆっくりと時が流れていてどこか懐かしいタイムスリップしたかのような気になるそんな空気感。
何より印象的だったのはオリーブの木が至るところに植えられていたことです。
オリーブの国内生産は約95%を香川県が占めていて、中でも温暖で雨が少ない小豆島の気候はオリーブの栽培にとても適しているそうです。

 

たっぷり観光を楽しんだ帰り道、お土産を買うために『井上誠耕園』というお店に立ち寄りました。

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

ここのお店では小豆島で栽培されたオリーブの様々な製品が販売されています。

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

今季新物のオリーブで作られた「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」や、

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

「新漬けオリーブ」は元々お目当てだったので、即買い物かごへ。

 

そして、たまたま見かけた「オリーブオイルコンフィ 木の実とドライ果実」というものも気になり、試しに購入してみました。

 

これが大当たり。

オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」

アーモンドやクルミといった2種類の木の実とリンゴやクランベリー、レーズンやプルーンなど6種類のドライフルーツがオリーブオイル漬けになっているのですが、スライスしたハード系のパンに乗せるとパンにしっとりと香ばしいナッツやドライフルーツの香りも含んだ香り高いオリーブオイルがしみ込んで、一段と風味豊かになり、ゴロゴロとした食感も加わって、とてもリッチな味わいになります。

 

育児でバタバタ慌ただしい朝食タイムもこのオリーブオイルコンフィを口に含んでいる間だけは優雅な気分になれるから魔訶不思議(笑)
美容に良いと言われるナッツやドライフルーツを食べていると忘れかけていた女子力も上がりそうです。

 

ジャムやバターも好きだけどカロリーが気になる……。でもこのオリーブオイルコンフィなら体に優しく入っていく感じがしてついついたっぷり塗ってしまいます。
1瓶あっという間に完食してしまい、もっと買えばよかった……と後悔。
調べたら、ネットショップもあったので全国どこからでもお取り寄せできるのが嬉しいです!

 

またこの度、2019年3月28日に東京第1号店となる直営店を松坂屋上野店にオープンしたそうですよ。

 

お近くの方は是非、お店へ。お店へ行けない方は是非、ネットショップで小豆島産オリーブの風味豊かな味わいを楽しんでみてくださいね。

※掲載情報は 2019/04/04 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
オリーブの産地・小豆島発、女子力上がる!?「オリーブオイルコンフィ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

坂本洋子

フリーアナウンサー

坂本洋子

神奈川県相模原市出身、山形県在住。地方局のアナウンサーを経て、2014年に独立。7年間の局アナ時代に取材したラーメン店は50軒以上、話を訪ねた農家は100人以上。その他グルメ取材を数多くこなす。JA広報誌の食コラムを2年間担当。2013年に結婚。夫はモンテディオ山形トレーナー・大沼理貴氏。ジュニア野菜ソムリエやフード・ライフコーデイネーターの資格を持つ。2015年に第1子、2018年に第2子を出産。現在は『お取り寄せ』にはまり中。常に美味しい情報を得るため、アンテナを張り巡らせている。

次へ

前へ