和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」

和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」

記事詳細


紹介している商品


和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

すっかり春めいてきましたね!いよいよお花見シーズンです。


先月参加したワイン試飲会で、お花見シーズンにピッタリのロゼワインを見つけたので、今回はそれをご紹介します。

 

手のひらの形のエチケットが印象的な、「Bird in Hand Pinot Rose 2018(バード・イン・ハンド ピノ ロゼ 2018)」です。

和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」

生産地     オーストラリア 南オーストラリア州 アデレード・ヒルズ
ブドウ品種   ピノ・ノワール100%
アルコール度数 12%

 

「バード・イン・ハンド」 は野生のコアラにも会える避暑地、アデレード・ヒルズにある家族経営のワイナリーです。この地で育ったオーナー、アンドリュー・ニュージェントと彼の父であるマイケル・ニュージェントによって1997年に創業されました。アデレード・ヒルズは当初新興ワイン産地でしたが、標高が高くて冷涼な気候、降雨量、海風、山脈から降りてくる風、日照量など、ブドウの生育に良い影響を与えている理想的な環境で、今ではメジャーなワイン産地になったようです。

 

ワイナリーの名前は、近郊にある金鉱山「バード・イン・ハンド」から名付けられました。ワイナリーの特徴は、ワイン造りの理念でもあるテロワール本来のキャラクターを表現するために、環境に配慮したサステイナブル農法(持続可能型農法もしくは環境保全型農法)の取り組みを重視し、なるべく自然に任せた醸造を行っている点です。創業からわずか20年で、数多くの受賞歴を持つワインを造るワイナリーへと成長しています。

 

土地がプレミアム品質の冷涼地産ピノ・ノワール・ロゼに大変適しているのだとか。このワインのブドウは4つの冷涼な地域から晩夏の夜に収穫し、除梗された果実の色と香りを抽出する為のスキンコンタクトを2~4時間、その後タンクに入れて熟成します。

和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」

完成したワインはストロベリーやラズベリーと言った赤いベリー系の果物、そして桜の花びらやジャコウを連想する香りです。また口当たりがスムーズで、味わいは爽やかなドライテイストなのですがコクもあります。ひと頃水っぽいロゼワインがありましたが、近年のロゼワインは本当に優秀になったと感じます。そのまま飲んでも美味しいですし、和のお料理にもよく合います。お値段がお手頃価格なのも嬉しいです。やはり春はロゼです!

 

是非バード・イン・ハード ピノ ロゼ 2018で、今年のお花見をお楽しみ下さいませ。

※掲載情報は 2019/03/22 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
和食とも好相性!お花見にお勧めの豪州ワイン「バード・イン・ハンド ピノ ロゼ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ