北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

記事詳細


紹介している商品


EBEZZAは煉瓦と小麦の街・江別に生まれたピッツェリア。

北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

冬の北海道も2月の雪まつりが終わると、少しずつ春が近づいてくる予感がします。北の中心である札幌のとなりまち、江別では冬の寒さに耐えうる煉瓦の産地として栄え、今も街並みの中に煉瓦が溶け込み、独特の雰囲気が漂います。

 

そんななか、江別の煉瓦職人が作り上げた日本のみならず世界でも類を見ない大型の薪窯をもつピッツェリア、EBEZZA。そこでは窯の火を絶やすことなく日々ピッツァが焼かれ、地元のみならず首都圏にも出荷されています。

 

その特徴は何と言っても「生地」にあります。日本で初めてEUの「ピッツァナポリターナSGT規格」に準拠した北海道産小麦、それもピッツァ専用にブレンドして24時間以上かけて低温発酵させた、こだわりの生地なのです。

 

焼き上げた後は香りや味わいを逃さないために急速冷凍をかけて保管。家庭用のオーブンレンジやトースターで火を入れて、待つこと約8分。ふっくらとした小麦のやさしい香りとチーズや野菜のおいしさをお楽しみいただけます。

北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!
北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

いつでも大人気、ピッツァの定番マルゲリータ、ピリ辛のサラミをのせたカラブレーゼ、4種のチーズを使った贅沢な香りと深い味わいのクアトロフォロマッジ、ワインやビールなどによく合う、ミニトマトとニンニク、ハーブだけを使ったシンプルなマリナーラ、色とりどりの野菜たっぷり使った見た目も美しい菜園風ピッツァの5種類が詰められて届けられます。

 

EBEZZAのピッツァが登場するだけで普段の食卓が華やぎ、美味しい香りと味わいできっと大満足。そしてホームパーティーではゲストを盛り上げ、大切な方への手土産としても喜ばれること間違いありません。

北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

北海道の広い大地を感じながら、ワンランク上の本格ピッツァはいかがでしょうか。

北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!

※掲載情報は 2019/03/08 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
北海道産小麦で作った、職人のこだわりピッツァがやってきた!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ