年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

記事詳細


年末年始の華やかな食卓に彩を添えるお肉料理。ステーキにすき焼きローストビーフなど、どれをとってもちょっと特別感があり食べるだけでウキウキしてしまいます、今回はそんな贅沢したい日に食べたい、とっておきの牛肉7選をご紹介します。自宅用にはもちろん、ギフトにもぴったりですよ。

1:食卓が一気に贅沢に!『格之進』の「門崎熟成肉 おもてなしセット (塊焼き 400g)」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

ホームパーティーの主役として華を添える肉料理。さっと焼くだけでサーブできるためシンプルで、特に塊肉ならばさらにテンションもあがります。オススメは『格之進』の「門崎熟成肉 おもてなしセット (塊焼き 400g)」。最近メディアやレストランでも話題になっている熟成肉を自宅で食べることができるのは嬉しいですよね。肉職人が厳選した岩手県産黒毛和牛の熟成具合をしっかり見定めエイジングをおこない、お取り寄せならば最適な部位を選定して送ってきてくれます。

 

ブランド名:格之進

商品名:門崎熟成肉 塊焼き・塊肉 おもてなしセット(お取り寄せ可)

2:宮崎県発に新たなブランド!丹精込めて育て上げた黒毛和牛「エモー牛」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

続いてご紹介するのは宮崎県産“大地に薬はゼロを目指す/Earth Medicine 0”の信念のもと、牛にもエサにも水にも薬を使わず、丹精込めて育て上げた黒毛和牛「エモー牛」です。旨味と甘みが強く、素材の味をしっかり感じられる肉質。上質な黒毛和牛のジューシーな脂の旨味をぜひ堪能してください。

 

ブランド名:EMO牛(有田牛)

商品名:宮崎県産 黒毛和牛 EMO牛(有田牛)リブロースステーキ(お取り寄せ可)

3:名店の味を自宅で!銀座の老舗『吉澤』の「松阪牛すき焼きセット」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

冬になるとわいわい鍋を囲む機会が多くなりますが、そのなかでもごちそう感あふれる鍋といえば“すき焼き”。おすすめは創業昭和2年、すき焼きやしゃぶしゃぶで愛され続ける銀座の老舗『吉澤』の「松阪牛すき焼きセット」です。折詰の一の重には黒毛和牛が、二の重には長ねぎ、春菊、しらたき、椎茸、高野豆腐などの野菜や具材が揃い、これさえあれば他に用意するものはなし。名店特製の割り下もついているのでギフトで贈っても喜ばれます。

 

ブランド名:すき焼き割烹 銀座吉澤

商品名:松阪牛すき焼きセット(お取り寄せ可)

4:広大な敷地でストレスなく育った!世界中のシェフが指名買いする宮崎産「尾崎牛」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

宮崎市郊外の大瀬町にある5ヘクタールの敷地で大切に育てられたブランド牛「尾崎牛」。アメリカで畜産の勉強を積み32ヶ月以上をかけて育て1ヶ月に30頭しか出荷されないため、今や幻の牛肉とも呼ばれ世界中の有名シェフたちからも引っ張りだこの存在。特徴は旨味が凝縮されているのに脂がくどくなくあっさりしているのでいくらでも食べられてしまうのだそう。これはここぞというときにお取り寄せして食べたいですね。

5:人気急上昇!赤身好きにおすすめなアイルランド産「グラスフェッドビーフ」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

あまり知られていませんが、実はアイルランドは牛肉の輸出額世界第5位にランクインする“牛肉大国”。牛肉はアイルランドの食生活を支える非常に重要な要素のひとつなのです。アイルランド産牛肉の特長は「グラスフェッドビーフ」であることで、自然の中で放牧され牧草だけを食べてのびのび育った牛のことを指します。そのため赤身が多く脂肪は少なめで栄養価が高いのが魅力。初めて知ったという人はぜひ一度食べてみてください!

6:肉そのものの旨味たっぷり!サシがしっかり入った山形牛の「極上ローストビーフ」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

続いてご紹介するのは、銀座の和食鉄板焼き『朔月』の料理長がお店でひとつずつ丁寧に作る「極上ローストビーフ」。こちらはとにかく肉質にこだわっているため旨味が強く、しっかりとサシが入った“山形牛の内もも”を使用。隠し味にトマトを入れた醤油ベースのソースが付いていますが、ソースを付けずにそのまま食べても十分おいしいそう。サシの脂肪分がまったく気にならないほど、旨味が強く勝っておりそのままではもちろん、贅沢にサラダに加えてもおいしいですよ。

 

ブランド名:和食鉄板 銀座 朔月

商品名:A5ランクの山形牛をつかった極上自家製ローストビーフ(お取り寄せ可)

 

 

7:昔ながらのこだわりの味!静岡発『斉藤精肉店』の「思わず笑顔になるローストビーフ」

年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選

最後は静岡で創業以来68年間、真剣にお肉と向き合っておいしいものづくりをしている『斉藤精肉店』の「思わず笑顔になるローストビーフ」です。昔ながらのスタイルにこだわり、じっくりとひと手間かけて丁寧にお肉を熟成させ、ローストビーフを作っています。

こんがりとした表面の絶妙な焼き加減と綺麗で艶のある肉のなめらかさは食べる前から思わずウットリしてしまうほど。ひと口食べれば口の中でこだわりの厳選肉の上質な旨味がじんわりと広がります。

※掲載情報は 2018/12/29 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
年末年始の食卓に華を添える!ちょっと贅沢したい日に食べる牛肉7選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ