春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

記事詳細


グラッシェル(GLACIEL)の春は更にカラフルに!

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

アントルメグラッセ(アイスケーキ)、生グラス専門店のGLACIELの「春の新作発表」(2015年2月4日掲載)の続きです。『2015春新作商品』のお披露目会では、ホワイトイトデー、ひな祭り、桜、こどもの日という春のイベントをイメージした新作や、抹茶、日向夏を使った独創的なラインナップが発表されました。まさにGLACIELらしい、眺めて楽しめるカラフルさとデコレーションの細かさ、口の中で幾重にも広がる味わいを堪能できるものばかりでした!

それでは、今回発表のあった作品から今の時期お勧めのものをご紹介します!

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

ホワイトデーの新作として江森さんから紹介いただいたのは、『アントワネット』。王冠を配した姿はまさに女王様。女王らしいバラの香りの木苺シャーベットとバニラと苺のマーブルアイスクリーム、そしてライチ&ローズの組み合わせ。ベリー風味のマスカルポーネアイスでエレガントに仕上げています。特にこのエレガントな佇まいが本当に絵になるくらいすばらしく、上から見ても、横から見てもどこから見ても絵になるのが特筆するべきところ。

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

宮崎県日南市の日向夏を使用したアントルメグラッセ。外側の皮に見立てている部分は、日向夏の皮をふんだんに使ったアーモンド生地、日向夏のシャーベット、日向夏のコンポート、日向夏の自家製のマーマレードとマダガスカル産バニラのアイスで構成されている。非常にシンプルですが、口に含んだときの爽やかな酸味と甘みのバランスがよく、皮の苦味もアクセントとして非常に良い印象が残る、スイーツがちょっと苦手な男性にもお勧めのアントルメグラッセです。日向夏も宮崎から届いたものをすぐに調理するので、フレッシュ感も保たれていて、香りが高いのも特徴です。

江森さんが、宮崎に訪れた際に学生とコラボで商品を作るという企画があり、そこから生まれたという想い入れも強い商品です。

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

こちらは京都宇治の抹茶をふんだんに使った『テクレール』。小売でいくと1kgあたり30,000円することもあるという抹茶を使ったダコワーズ生地に、バニラアイスクリームを絞り、キューブ状の抹茶アイスクリームをトッピング。アクセントに黒豆が合わさり、上品な甘さと黒豆の苦味が非常に相性がいい作品。見た目も花がちりばめており、「春の花と緑」をイメージさせる秀逸な仕上がりです。

江森さんにはこちらの質問にも気さくに答えていただき、1月に行かれたイタリア、フランスでの想い出、出会いの話もしていただき、非常にアットホームな形で新作発表は幕を閉じました。

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

その後、一階で生グラスの試食もさせていただきました。

※生グラスは生アイスクリームのことで、通常のジェラートやアイスクリームよりも柔らかい味わいが特徴です。

春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ

料理はアートと言われることもありますが、江森さんのアントルメグラッセからは、その要素を充分すぎるほど感じました。そして、参加者一人一人への配慮を忘れることなく、目を見てしっかり説明してくれる江森さんの人柄も充分感じることができた新作発表会でした。今年のイベントには、アントルメグラッセで相手を喜ばせてみてはいかがですか?

その他の関連記事はこちら

※掲載情報は 2015/02/04 時点のものとなります。

  • 0
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
春色に染まる表参道グラッシェル(GLACIEL) 春の新作スイーツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ