食べたら酔っぱらっちゃうかも!?冷やして食べる広島のしっとり洋酒ケーキ

食べたら酔っぱらっちゃうかも!?冷やして食べる広島のしっとり洋酒ケーキ

記事詳細


紹介している商品


今年の夏の暑さには本当にまいります。西日本では記録的な豪雨もあり、彼の地に想いをはせながら、「洋酒ケーキ」をご紹介します。
広島県府中市上下町で半世紀にわたり、地域の人たちに愛されている洋菓子で、このレトロなパッケージと大人の味が魅力です。

食べたら酔っぱらっちゃうかも!?冷やして食べる広島のしっとり洋酒ケーキ

見た目からしっとりしているのがわかると思いますが、口に運ぶとジュワ~ッとお酒がしみ出て、味も香りもかなり大人風味!素材にこだわって焼き上げられたカステラに、ラム酒と2種類のブランデーを使用したシロップに漬けこんであります。優しい甘さもありつつ、このお酒感はちょっとクセになるはず!

食べたら酔っぱらっちゃうかも!?冷やして食べる広島のしっとり洋酒ケーキ

パッケージには、「本品は少量のアルコール分を含んでいますので、お車等の運転やお子様の方はご注意ください」と書かれているのですが、実際に食べると「ホントに少量?」とは思ってしまうほど。お子様やお酒が苦手な人は気をつけた方がいいかもしれません。そもそもサバランをヒントに昭和36年に作られました。それでこんなにお酒たっぷりなのか…と納得です。当時はきっととてもモダンでオシャレなお菓子だったんでしょうね。
そのまま食べてもでもいいのですが、冷蔵庫で冷やしておくとこれが絶品!
ネット通販もありますし、東京では神田に府中市のアンテナショップがありますので、そちらでも購入可能です。

※掲載情報は 2018/08/06 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べたら酔っぱらっちゃうかも!?冷やして食べる広島のしっとり洋酒ケーキ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

椿

ご当地グルメ研究家/日本外食リサーチ&PR協会理事​

椿

日本全国の美味しいモノを世の中に残すために日々奮闘中。「その地域で長く愛されているローカルフード」を探し、そこに如何に根付いているのかを研究。職業は“テレビの中の人”。WEB、雑誌などでも、グルメ情報に関するリサーチ・取材・レシピ提供・寄稿を行っている。耕作放棄地を再び田んぼにして酒米を作り純米酒にする「僕らの酒プロジェクト」に参加。
日本外食リサーチ&PR協会理事​

次へ

前へ