東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2018/05/30 公開

記事詳細

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

紹介しているブランド


アレンジしたら……みんなが驚く。これ、縁起の小判!?

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

東京名物として定着した「東京ばな奈」。キオスクにも売っており、今では多くの種類が登場している。東京名物の一つとなり、東京であればどこでも買えると思っている方も多いだろう。その「東京ばな奈」が東京駅JR構内1箇所だけで販売している商品がある。それが東京ばな奈カステラ「みぃつけた」だ。たくさん店舗がある中でこの1店舗を見つけるのは、至難の業だ。

 

アドバイザーを務めさせていただいている石川県白山市観光連盟でお世話になった専務理事の壮行会に参加した。その際に北陸新幹線に向かっているところ、運良くこの店舗を見つけた。もちろん、迷わずに購入。滅多に出会えないものだからこそ、お祝いの席に届けたいと思った。

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

販売が東京駅1箇所という希少価値も魅力的だが、味や風味にも隠れた秘密が満載のカステラなのだ。卵には、長年研究を重ねた飼料レシピと鮮度を追求した「コクうま」の「森のたまご」を使用。そして、次の写真のようにバナナの風味がほのかに香るざらめ糖を散りばめている。そのため、一口食べると、優しいバナナの風味がふんわりと口の中に広がり、しっかりとふわふわのカステラの存在を味わえる。

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

お祝いの席のため、次の写真のように並べてみた。花束をイメージしたつもりが、ちょっと予想と違う。何か工夫をして、サプライズにしたいと考えていたところ、カバンに持っていたあるものを思い出した。

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

それは……金箔!
思い切って、金箔を振りかけてみた。そして、お祝いの会場へ!

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

その瞬間、あまりの豪華さに一瞬にしてこのサプライズに注目が集まった。「石川県らしい、加賀藩の梅鉢模様だ」、「まるで小判のようで、これは縁起がよい」とさまざまな言葉が飛び交った。思いがけない感想に私が驚いていると、一気に会場の雰囲気が盛り上がり、みんな一斉に食べ始めた。

 

金箔と合わせたので小判に見えたが、本来はバナナの形をイメージしたもの。もともとは次の写真のように一枚のカステラ生地に焼き上げる。そこに、高速で噴き出す水の流れで自在にくり抜く“流水カッター”を使い、抜き取って包装しているのだ。個人的には、このくり抜いた状態のカステラごと買いたいくらい。

東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ

「このカステラ、美味しいなあ。ほんのりバナナの味がしてちょうどいい」と主賓の専務理事。他の理事の方々も、早々とお皿に手を伸ばし、あっという間にカステラはなくなった。差し入れした私は、たった1箇所の販売店を見つけて良かったなあと、ここまで喜んでくださる様子を見て、心から嬉しくなった。

 

「これ、東京のどこで買えるの?」と聞かれた。広い東京駅の中にある、たった一店舗のお店。なかなか場所の説明は難しい。でも、東京に行ったら買いたいと思っていただけた。

 

この1箇所を見つけたら、心の中でつぶやいてしまうだろう。
「みぃつけた」、と。
このネーミングは、そういう意味が込められているのかもしれない。

※掲載情報は 2018/05/30 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
東京駅1店舗限定!見つけられたら絶対に買い!みんなが知らないカステラ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

高橋香葉

発酵料理研究家/観光連盟アドバイザー

高橋香葉

「日本人の体を健康できれいにするには、日本伝統文化の発酵食が一番良い」として発酵料理の研究に取り組む。テレビ、雑誌、書籍などを通じて、発酵食品の良さを伝える普及活動を行っている。
日本で初めて、米麹と醤油をあわせた新調味料「しょうゆ麹(醤油麹)」の作り方とレシピを公開し、発酵業界に新しい風を入れた。その活動は、フードアクションニッポンアワード販促部門を受賞。その後、読売新聞にて「オンリーワン」として掲載された。
現在は、日本全国を回り、全国の発酵食品だけでなく温泉巡りをし、日本の伝統文化を勉強している。
自治体の観光連盟アドバイザー、特産品開発審査委員などを歴任。市場調査から、販売戦略、プロモーションなどのマーケティング講師も行っている。フードアナリスト協会「食のなでしこ2016」。

主要著書:
◎「しょうゆ麹と塩麹で作る毎日の食卓」(宝島社)
◎リンネル特別編集「しょうゆ麹で作る毎日のごちそう」(宝島社)
◎「知識ゼロからの塩麹・しょうゆ麹入門」(幻冬舎)
◎おとなのねこまんま555(アース・スターブックス)等

この記事をシェアする

次へ

前へ