東京・笹塚発。夏の午後、素敵なお二人にぴったりのビールギフト

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

東京・笹塚発。夏の午後、素敵なお二人にぴったりのビールギフト

紹介している商品


人の輪と和を広げる。笹塚で発案された優しくて和らぎあるビール

ほんわかした、いい雰囲気のビールだなあ、というのが最初の印象。アロマや飲み口は、最近よくみかけるこぢんまりとした、ウッディーなタッチのあるカフェ、その午後という感じ。でも飲み進めると、昭和の懐かしい風景も浮かぶ素朴な、飾らないテイストと余韻。夏の午後、入道雲が少し見えて、何となく夕涼みの雨でも降ってもいいかも、なんて思う、それでも青空の時間。わいわい騒ぐのではなく、一人、そしてパートナーと、あとは豆柴のような和の表情と手触りの愛犬も一緒に、ゆったりと。爽やかで若々しいけどノスタルジックでリラックスできる、そんなイメージ。

 

いろいろな妄想が浮かぶのは、ビールそのもののテイストもあるし、このセットに一緒に入っていた小ぶりのビアグラスの、昭和を思わせる厚みと最近のカフェっぽい軽やかさがうまく一緒になった感じもあるのかも。ラベルデザインもかっこいいけど、うまく抜け感があって、これも気持ちにいい作用。

東京・笹塚発。夏の午後、素敵なお二人にぴったりのビールギフト

うん、これは、知人の若夫婦に送りたいな、いや、長く連れ添った先輩夫婦にもいいな、と。夏のビールの贈り物といえばなにか会社の陣中見舞いみたいなドーンと12本とか、豪華版プレミアムセットみたいなものが浮かぶけれど、このセットなら軽やかだし、安らぎの休日をお二人で、なんてメッセージも贈るだけで伝わりそう。

 

ちなみにこの「笹塚ビール」の背景の物語もなんだか優し気。企画元は『ササヅカ・ミライ・プロジェクト』という、様々なイベントを通じて笹塚の店とゲストとのつながりを目指す方々。今回はプロダクトを通じて同じように乾杯の輪と和を広げようというのが趣旨だそう。このコンセプトを新潟のブリュワリーがレシピ化、デザインはプロジェクトメンバーが担当。笹塚の中だけではなく、外へもその輪、その和を広げられています。

 

あ、笹塚、全国的には知られていないかもしれませんね。東京・新宿から京王線で3駅ほど西へ。交通至便ながら住宅街でもあり、小さな商店街も元気。実は筆者の駆け出し時代の事務所が笹塚の2間のアパート。しばらく訪問もしていないので、このビールをきっかけに久々にぶらっと散歩でもしようかな、なんて気持ちになりました。ずいぶん変わったのかなあ、あまり変わってないのかなあ……なんてこのビールを飲みながらちょっとノスタルジー。

 

という、ゆったり&ノスタルジックモードだったので、テキストもいつもより、なんだかゆるっとしたものになりました(笑)。

紹介しているお店
ササヅカ・ミライ・プロジェクト

※掲載情報は 2018/06/22 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
東京・笹塚発。夏の午後、素敵なお二人にぴったりのビールギフト
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

岩瀬大二

ワインナビゲーター

岩瀬大二

MC/ライター/コンサルタントなど様々な視点・役割から、ワイン、シャンパーニュ、ハードリカーなどの魅力を伝え、広げる「ワインナビゲーター」。ワインに限らず、日本酒、焼酎、ビールなども含めた「お酒をめぐるストーリーづくり」「お酒を楽しむ場づくり」が得意分野。
フランス・シャンパーニュ騎士団 オフィシエ。
シャンパーニュ専門WEBマガジン『シュワリスタ・ラウンジ』編集長。
ワイン専門誌「WINE WHAT!?」特集企画・ワインセレクト・執筆。
飲食店向けワインセレクト、コンサルティング、個人向けワイン・セレクトサービス。
ワイン学校『アカデミー・デュ・ヴァン』講師。
プライベートサロン『Verde(ヴェルデ)』でのユニークなワイン会運営。
anan×本格焼酎・泡盛NIGHT/シュワリスタ・ラウンジ読者交流パーティなど各種ワインイベント/ /豊洲パエリア/フィエスタ・デ・エスパーニャなどお酒と笑顔をつなげるイベントの企画・MC実績多数。

次へ

前へ