食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

記事詳細


紹介している商品


特別な祝宴の折にだけ作られ門外不出とされた、本物の茶碗と見紛う妙趣あるお菓子です

皆さま、こんにちは。
料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

旅の際に『京菓匠 甘春堂 本店』で、京都ならではの粋なお菓子?!を見つけました。『甘春堂』の看板商品、食べられる茶碗「茶寿器(ちゃじゅのうつわ)」です。今日はコチラをご紹介します。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

長い歴史に培われた京菓子司には、「家傳(かでん)」ともいわれる門外不出のお菓子があるそうです。

慶応元年(1865年)創業、六代続く『甘春堂』にも二代目が創作した「茶寿器」は茶人たちに喜ばれ、珍重されたと伝えられていますが、その後、特別な祝宴の折にだけ作られる門外不出の献上菓になったとか。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

この「茶寿器」が興味深いのは、まるで本物の茶碗のように見えるのですが、実は干菓子であるということです。数度はお茶をたてて茶碗として使うことが可能です。芳しき桂皮(ニッキ)の香りと程よい甘味を感じます。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

茶碗の他に、州浜団子・干し羊羹・季節のお干菓子がセットになっています。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

茶碗は、最終的には割って食べることが出来るのです。手で簡単に割れます。甘くて桂皮の香りです。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

言われなければ本物の清水焼の茶碗にしか見えないので、もちろん茶碗として飾っても良いです。飾って良し、飲んで良し、食べて良しです!

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

京都のお土産やお茶を嗜む方へのプレゼント、元々は祝菓なので様々なお祝い時にも贈りたいです。

食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」

そしてご自身用としても!
その昔の茶人が愛した粋心、遊び心を今様にお楽しみ下さいませ。

※掲載情報は 2018/04/05 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べられる抹茶茶碗!お干菓子で出来ている幻の献上菓「茶寿器」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ