ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

記事詳細


どんなエリアにもその土地に根付いた郷土料理や地産の食材をつかっためずらしい食べものがあります。地元では当たり前のように食されていても県外の人には意外と知られていないようなものもまだまだたくさんあるはず。今回はそんなご当地ならではの“○○漬”にスポットを当ててご紹介します。どれもごはんのおともにぴったりなものをチョイスしましたので、自宅にストックしておいて損はないものばかりですよ!

【岩手】海の幸をたっぷり味わう!贅沢を存分に堪能できる「三陸海宝漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

開いた瞬間から宝石のようにまぶしい『中村家』の「三陸海宝漬」。三陸産のめかぶ醤油漬に“だまし煮”という製法で柔らかく煮上げた三陸産あわびをあわせ、さらにそこに濃厚ないくらの醤油漬をトッピングした最高級の一品。今日は贅沢したい!なんて日には炊きたてのホカホカご飯にたっぷりのせてどうぞ。

ブランド名:中村家
商品名:極み・海宝漬(お取り寄せ可)

【北海道】上質なするめにこだわった!『龍野屋』の「松前漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

数の子やするめ、昆布を醤油で漬けこんだ北海道の郷土料理「松前漬」。するめの存在感がしっかりあって昆布と醤油のハーモニーが抜群なものといえば『龍野屋』のもの。こちらでは主役はあくまで上質なするめであることにこだわりを持ち、数の子はあくまで花を添える脇役。他とは違った硬派な製法はぜひ一度味わってみて。

【新潟】濃厚なのにさっぱり風味!旨味がぎゅっと凝縮された「まんま漬け」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

続いては新潟県産の“かぐら南蛮”を入れた醤油のもろみ漬け「まんま漬け」をご紹介します。かぐら南蛮とは新潟県山古志村で栽培された肉厚で大きい唐辛子のこと。さわやかな辛味が特徴的で、濃厚な旨味がぎゅっと凝縮されているのに甘すぎないさっぱり風味。これぞ大人のごはんのおともといっても過言ではありません。

【新潟】特別な日にぴったり!老舗『新潟 加島屋』の大粒「いくら醤油漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

続いては特別な日に食べるのにもぴったりな老舗『新潟 加島屋』の瓶入り「いくら醤油漬」。秋鮭の卵を丁寧にほぐし、醤油と清酒などに漬け込んだ珠玉の一品。味は見た目よりも濃すぎず絶妙な塩加減で、大粒のいくらを白いご飯にのせればもうとまらないおいしさ。ギフトにも重宝します。

【福島】東北の漬物ならではの塩辛さもよし!ごはんがとまらない会津産「醤油糀漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

ご当地グルメ目白押しの福島県会津から届いた究極のお漬物「醤油糀漬」。きゅうりやだいこん、みょうがといった3種の地産野菜に本醸造醤油と米糀をあわせたふくよかな味わいが自慢。本醸造の生揚しょうゆと米糀を合わせて糖化発酵させ、甘味と旨味を醸成させた床で漬け上げているのだそう。東北の漬物ならではの塩辛さもごはんによくあいますよ。

【岐阜】シンプルなのにみずみずしい!白菜がおいしい飛騨地方の名物「きり漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

飛騨地方一帯で食べられている白菜を切って漬けた「きり漬」。とりわけ『若宮食品』のものは白菜だけでなく野沢菜や赤かぶらなどもざく切りにして塩漬けしたシンプルなお漬物。新鮮な飛騨の高原野菜を使用し、素材の旨みを十分に引き出した丁寧な仕事が光ります。そのままではもちろん、きり漬を焼いて卵をまわしかけた地元でよく食べる“漬物ステーキ”にしてもおいしいそうですよ。

【佐賀】独特の食感と酒粕風味がクセになる!唐津のご当地グルメ「玄海漬」

ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」

最後は鯨の軟骨や酒粕を用いた佐賀県唐津の伝統ご当地グルメ「玄海漬」。唐津では昔から鯨の軟骨を醤油漬や塩漬にして食べていた歴史があり、それを酒粕の中に細かく切って漬け込んだところこれはおいしい!と評判になったことから生まれたそう。コリコリとした食感に酒粕独特の風味やとろみがあとをひき、砂糖や水あめも加えているので少し甘めなまろやかさもクセになります。

※掲載情報は 2018/02/21 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ホカホカご飯さえあれば十分!一度は食べておきたいご当地自慢「ご飯のお供」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ