ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

紹介している商品


バラがほのかに香る、ドレスのように華やかなスパークリングワイン

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

今回ご紹介するのは六本木にある『トレーダーズマーケット』さんが扱う、ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作った世界でたった一つのスパークリングワイン「ロゼ・ドゥ・マリー・アントワネット」です。

 

「マリー・アントワネットのお酒」「ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったスパークリングワイン」なんて女性が聞いたら、一気に振り向く様なフレーズではないでしょうか。初めてこのスパークリングワインを見た時に興味が掻き立てられて思わずボトルを手にとってじっくり見て、「世の中には色々な物があるのね~」と感心してしまいました。

 

「ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったスパークリングワイン」といわれてもピンと来ない方もいるかと思いますが、実際にヴェルサイユ宮殿に今でも残っている菜園「王の菜園」で一つひとつ手摘みされるバラとリンゴで作られた世界に一つの貴重でお洒落なスパークリングワインなのです。

 

薄い透明なピンク色はマリー・アントワネットのドレスを想わせるように華やかで可愛らしい色合いです。気になるお味は、軽くて爽やかでやや甘めのリンゴのスパークリングカクテルのように飲みやすく、バラの香りがほのかに感じられます。アルコール度数は6.5%と軽めです。

 

だんだん暖かくなるこれからの季節のプレゼントに、アフタヌーンティーに。お花見や女子会など、女性の集まりを更に華やかにしてくれること間違いなしです。皆で開けて乾杯するのも楽しいですし、しばらく飾っておいて目で楽しんでからマリー・アントワネットが愛したヴェルサイユ宮殿の世界観をイメージしながら味わうのも素敵でしょう。極上のバックグラウンドで作られたユニークなスパークリングワインは、話題性も満載でパーティにピッタリな逸品です。

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

【フランスの王妃・マリー・アントワネット】
1755年11月2日、マリー・アントワネットは神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生。1774年フランス国王ルイ16世の即位によりフランス王妃となりました。音楽、香水、インテリア、宝石、髪型、新進のファッションなど次々と新しい文化をヴェルサイユ宮殿にもたらし、上流階級の女性たちの間で流行しました。そしてフランス宮廷のみならず、ヨーロッパ中のファッションリーダーであった稀有な王妃です。


【ヴェルサイユ宮殿】

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

ヴェルサイユ宮殿は、1682年にフランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿で、フランスのイヴリーヌ県ヴェルサイユにあります。マリー・アントワネットはここで生活していました。今では「世界で最も華麗な宮殿」といわれ、世界遺産となっています。


【ヴェルサイユ宮殿「王の菜園」】

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

ヴェルサイユ宮殿の食卓にのぼる野菜や果物の栽培を一手に担っていたのが、宮殿そばに作られた王の菜園「King’s Kitchen Garden」。「ロゼ・ド・マリー・アントワネット」はこの菜園で収穫されたりんごとバラを使用しています。

フランス初ラベンダーオイルを作った会社『NINA’S』

ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!

『NINA’S』の歴史は、ピエール・ディアズが1672年に創業した『ラ・ディスティルリー・フレール』から始まります。フランス初のラベンダーエッセンシャルオイルを抽出したこの会社は、フレグランスを創造する技術で知られるようになりました。

 

「アロマのマジシャン」としても有名だったピエール・ディアズ率いる『ラ・ディスティルリー・フレール』は、フランス王ルイ14世やヴェルサイユの宮殿にフレグランスを調達するようになり、中でもラベンダーやバラのフレグランスは、マリー・アントワネットのお気に入りとなりました。

 

『ニナス』の名は、ニナ・ディアズという女性の名にちなんで付けられました。彼女は1778年にマリー・アントワネットのために作られ献上されたケーキ「ニナセット」のレシピの開発者で、このアンティークレシピはディアズ家の女性たちに代々受け継がれていきました。

 

今でも『ニナス』はパリの中心地であるヴァンドーム広場のすぐ隣に店を構える紅茶のブランドで「最高のフレーバーティーをお出しする」というピエール・ディアズの情熱を引き継いでいます。

 

また、『ニナス』はヴェルサイユ王立菜園「le Potager du Roi」唯一の契約企業であり、ヴェルサイユ宮殿の貴族やマリー・アントワネットにも愛されたフレグランスを使った、ユニークなフレーバーティーを提供しています。「ロゼ・ドゥ・マリー・アントワネット」はその唯一の契約企業が作った世界唯一のマリー・アントワネットの特別なお酒なのです。

紹介しているお店
販売元:Traders Market

※掲載情報は 2018/02/17 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ヴェルサイユ宮殿のバラとリンゴで作ったマリー・アントワネットのスパークリング!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

売間良子

料理研究家

売間良子

外資系企業の役員秘書として従事。結婚後、インターナショナルスクールに通う5人の子供たちの子育てが落ち着いたのを機に、麻布で料理教室「グルメ クッキング ファクトリー」をスタート。家庭で簡単にレストランの味を目指す「おもてなし料理」と「健康&美肌クッキング」教室が好評。又、インターナショナルな環境で経験してきた外国人のホームパーティ、おもてなし術も伝授。料理教室での試食はワインとお奨めチーズと共に。友人宅のようにリラックスして楽しんで頂くことが心情。

(取得資格)
全国料理教会認定准教師資格
全国料理技術検定・上級
NPO日本食育インストラクター
ラフォンテ・イタリア料理研究家養成コース修了
Wiltonコース修了
CEYJapanケーキポップス・ディプロマ取得
食品衛生責任者

この記事をシェアする

次へ

前へ