新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて

新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて

記事詳細


紹介している商品


創業200年超の老舗『亀末廣』の「京のよすが」は京都まで買い求めに行く価値がある食する芸術品

 

私は料理が生業ですので、毎年新春のご挨拶には趣向を凝らしています。もちろん美味しい、その上で美しく、なるべく価値のあるものを、と。その価値というのは値段ではなく、入手しづらい、賞味期限が短く渡すタイミングが難しい、など手軽ではない物のこと。差し上げる方のご都合に合わせて調えることに気持ちが込められると思っています。

新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて

京都の姉小路通でひときわ風格のあるお店構えの『亀末廣』さんは、創業が1804年という気が遠くなるような歴史をもつ老舗で、元は御所に納める菓子司であったそうです。一対一の商いへのこだわりから支店は持たず、デパートやオンラインなどでの販売もなさっていないので、基本的には姉小路通のお店でしか購入できません。そのお店もお菓子の種類がたくさんあるわけでなく、楚々とした美しさのお菓子が控えめに並んでいる奥ゆかしい様子です。その中でもひときわ目を惹くお品が「京のよすが」です。

新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて

様々な箱の中にきちんと収まった、小さな小さな淡い色とりどりの品の良いお菓子達の、なんと可愛く、愛らしいこと! 感動のあまり、ほおお~とため息がもれてしまいます。用途に合わせて大きさが選べるのも有難いですが、なんといっても茶室を模した四畳半という杉箱入りの物が特筆すべき美しさです。キリっと仕切られた中に整然と並んだお菓子達はもはや芸術品の域といえるでしょう。和三盆で作られたお干菓子と求肥などの半生菓子と有平糖などがピシっと整列している様子は微笑ましくもあります。そしてもちろん、美しいだけでなく、どれもこれも本当に良いお味なのです。たくさんの種類が入っていますがそれぞれが違う個性があって楽しいのです。

新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて

シンプルに和三盆を活かしたもの、黄粉や抹茶の風味が香るもの、もちもちした求肥だったり、香ばしい衣があったりと頂く手が止まらないほどです。それぞれの大きさは2~3センチほどの小さなものなのに、丁寧に1個ずつ作られてちょっとずつ表情が違うところなどもほんわかしてしまうツボです。「京のよすが」はもちろん保存料などが一切使われていないこと、半生菓子なども入っていること、またなにより「お干菓子でも作り立てが美味しいから」と、数日から1週間あるかないかの賞味期限も私の美味心の琴線に触れるところです。やはり香りや風味は儚いものですから、出来たてを召し上がれ、というのは最も正しいことと思うのです。なので、たとえ入手に手間が掛っても、差し上げるタイミングを見計らって用意しなくてはいけなくても、この至高の美しき美味なお菓子の虜になってしまうのです。

 

所在地 京都市中京区姉小路通烏丸東入ル
電話 075-221-5110
FAX 075-221-5110
※基本店舗販売のみですが、繁忙期でなければ電話をして振り込みをした場合、郵送して頂けることもあるようです。

京のよすが

亀末廣

※掲載情報は 2018/01/20 時点のものとなります。

  • 11
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
新春のご挨拶は、麗しい京菓子「京のよすが」で真心を込めて
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

中村奈津子

田中伶子クッキングスクール校長

中村奈津子

日本女子大学食物学科卒業後、全日本司厨士協会に就職。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミー、香港鴻星料理学院で学ぶ。2006年ニューヨーク駐在時より料理教室「LOVELY TABLE NEW YORK」を主宰。2009年帰国後、実家田中伶子クッキングスクールに勤務。2012年「LOVELY TABLE GINZA」開校。現在もニューヨークを行き来する活動をしている。
PHP研究所発行月刊誌「JAPAN CLOSE-UP」に料理記事連載。光文社「VERY」「女性自身」などに寄稿。BSフジ阿川佐和子氏の「阿川ごはん」レギュラー出演。日本テレビ「ZIP!」定期出演中。
主婦と生活社発行「一生作り続けたいおかず~50年の名門料理教室のベストレシピ150」が2014年本屋レシピ本大賞4位入賞。2014年9月講談社発行「本当に作りたい料理、ぜんぶ。」好評発売中。

次へ

前へ