3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

記事詳細


3月15日は「オリーブの日」です。1950(昭和25)年3月15日、昭和天皇が小豆島を巡幸の際にオリーブの種を撒かれたことにちなんで、香川県の小豆島のオリーブを守る会によって1972年に制定されました。「多くの人にオリーブを知って頂きたい」という願いから制定されたそうです。オリーブはヨーロッパでは古くから知られ、紀元前3000年頃には風車を使ってオイルを絞っていたという記述も残っています。また、聖書の物語「ノアの方舟」では大洪水の後にオリーブの枝葉をくわえたハトが飛んできた一節があることから、オリーブは平和の象徴とされ、古くはオリンピックの勝者の冠に、そして現在では国連旗のデザインなどにオリーブの枝葉が使われています。日本ではオリーブは馴染み深い食べ物ではなく、オリーブオイルとして料理や美容に使用していることが多いように思います。今回は、「オリーブの日」にちなんで、オリーブオイルとしてではなくオリーブの実を楽しむことができる商品をご紹介いたします。

1:ホワイトチョコレートでコーティングした「pure coco OLIVE」

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

ホワイトチョコレートの専門店「pure coco TOKYO」で作られた、グラッセした種ぬきのオリーブの実に、ホワイトチョコレートでコーティングした商品がこちら「pure coco OLIVE」です。しっとりとグラッセされたオリーブとホワイトチョコレートの組み合わせは、ティータイムの珈琲や紅茶だけではなく、シャンパーニュやワイン、もちろんウイスキーにもよく合う驚きの組み合わせです。オリーブの塩気も充分に感じられて、大人好みのチョコレートスイーツです。「pure coco TOKYO」は、都内や大阪の百貨店に入っていますが、気軽にオンラインショップで購入できるのも嬉しいですね。

2:数量限定の「とれたて手摘みオリーブの塩漬け」

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

小豆島で築100年以上の蔵で伝統調味料の醤油を製造する金両醤油。最近オリーブの栽培を始めて販売しているのが、こちらの「とれたてオリーブの塩漬け」です。小豆島といえば、オリーブの生産量は国内一位。夏は日差しが強く乾燥し、年中温暖な気候がオリーブ原産の地中海地方の風土に似ていることから栽培に適しているといわれています。瓶を開けると、優しいオリーブの香りが広がります。見た目は光沢があり、一つ食べれば抑えた塩気とともにオリーブのフレッシュさを楽しむことができ、良質なオリーブが持つ油分がとてもクリーミーで、まったりとしたコクをも感じられます。保存料を使用せず、賞味期間は三ヶ月と短いですが、日本で唯一となる品評会ORIVE JAPANで金賞を獲得されているほどの商品です。ご購入を希望される方は、お店にお問い合わせください。

3:あまじょっぱくて癖になる!「おりーぶぐらっせ」

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

こちらは、オリーブの国内発祥として国内で有名な土地柄の小豆島にある東洋オリーブ株式会社の「おりーぶぐらっせ」です。種をとって糖蜜で丁寧に長時間熟成して仕上がるグラッセは、青く実った新鮮なオリーブの実の色目を残して作られています。甘すぎず塩気が強すぎず、そのバランスが良いため、緑茶やお抹茶とも相性が良いのはもちろんワインやシャンパン、ブランデーやウイスキーにも合います。グラッセはお砂糖にまぶされていますが、「おりーぶぐらっせ」は柔らかなパウダー砂糖なのでザラザラが苦手な人も嬉しい、前菜にもデザートにも応用が効く不思議なお菓子です。

4:家族の絆で作り上げたお菓子「オリーブ&ナッツ」

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

こちらは、小さな島のオリーブ畑で販売している「オリーブ&ナッツ」です。小さな島のオリーブ畑は、長崎県大村湾に浮かぶ竹ノ島にある会社です。「オリーブ&ナッツ」は、丁寧に収穫されたオリーブの塩漬けを乾燥させたものと、有機ナッツ(ピーカンナッツ、クルミ、カシューナッツ、アーモンド、カボチャの種)をブレンドし、塩とメープルシロップのみで加工しています。オリーブとナッツそのものの美味しさを味わえるお菓子で、歯ごたえがあるナッツは、まずほどよい塩味を感じ、その後はメープルシロップのほのかな甘さに包まれます。そして、酸味があるオリーブが相まって、ホッとやさしい味わいを楽しめる相性のよい組み合わせです。受注後、手作りで生産しているため、届くまで多少時間がかかりますが、シンプルでお洒落なパッケージは作り手の想いが詰まっています。

5:ラム酒と甘いオリーブの組み合わせ「オリーブ・サンド」

3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ

こちらは、株式会社寺子屋の「オリーブ・サンド」です。1954年創業以来、歴代の首相やVIPに愛されるフレンチレストラン「TERAKOYA」。当代のオーナーシェフが作ったのが「オリーブ・サンド」です。ビスケットサンドとラム酒の利いたクリーム、そしてしっかり煮込んだブラックオリーブ。一度に噛みしめるとほのかな甘みとともにオリーブの風味を感じます。クリームにラム酒が使われているので、エスプレッソなど濃い目のコーヒーにもよく合います。甘いオリーブのおいしさに驚かされる「オリーブ・サンド」は、インターネットでも購入できるのでご興味のある方は気軽にお試しできます。

※掲載情報は 2017/03/14 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
3月15日はオリーブの日!オリーブの実が楽しめるとっておきグルメ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ