この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

記事詳細


毎年2月14日バレンタインデーは、女性にとって特別な日。普段なかなか食べることのできない高級チョコレートが限定品として発売されたり、チョコレートイベントが開催されたりと、そわそわする時期です。ひと昔前までは、照れくささをカバーするために“義理チョコ”、“本命チョコ”なんて言い方も流行しましたが、ここ最近のおすすめは、 “ご褒美チョコ”なる自分へのご褒美として、高級なチョコレートを購入すること!やっぱりこの時期のチョコレートはカカオもパティシエも本格的!バレンタインデー間近なので、知らないと損するブランドのチョコや有名店でも人気のチョコ、値は張るけど年に一度の機会なので、高級なブランドチョコを見てみてはいかがでしょうか?

1:日本が世界に認められたチョコ!パティシエ エス コヤマの「SUSUMU KOYAMA'S CHOCOLOGY 2016」

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

フランスで最も権威のあるショコラ愛好家C.C.Cのコンクールで2011年初出店以来、6年連続、最高位であるゴールドタブレットを受賞している兵庫県三田のパティシエ エス コヤマ。チョコレートを作るのに必要不可欠な“発酵”、“熟成”は、日本古来の手法であるとし、醤油、奈良漬けなど日本にしかない材料をベースとした個性的なチョコレートを数々発表する斬新さも魅力です。

 

4個入り 販売価格:1,728円(税込)

2:宿泊ついでに味わえるグランドプリンスホテル新高輪Chocolate Salon Takanawaのボンボンショコラ

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

リニューアルしたグランドプリンスホテル新高輪。中庭には大きな日本庭園を造り、日本の伝統技術を随所に見ることができる和モダンな造りが魅力です。そのなかでもラウンジスペースにはイートインスペースを設置したチョコレートショップChocolate Salon Takanawa」。エグゼクティブシェフパティシエである内藤武志氏による絶品チョコレートが味わえます。日本ならではの味と香りを堪能できるのも人気です。

 

8個入り 販売価格:2,000円(税込)

3:日本の四季を楽しむ八芳園の「季季のチョコレート」

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

東京・白金台の結婚式場として知られる八芳園の「kiki」は、日本の四季を楽しんでもらうためのツールとしてチョコレートを作るブランドです。チョコレートの味は、桜、抹茶、竹炭、紫蘇、すだち、胡麻、柚子、酒粕の全8種類。それぞれの原材料は全国各地の生産者と直接取引しているものだけを使用しているのだとか。チョコレートとしての甘さはもちろん、四季の香りを味わうことができるチョコは大人のセレクトとして喜ばれるに違いありません。

 

8個入り 販売価格:3,240円(税込)

4:ショコラ界の偉人パスカル・ル・ガックのボンボンショコラ

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

ショコラ一筋30年。パリの最優秀ショコラティエとして知られるパスカル・ル・ガック氏。日本のショコラ愛好家でも馴染みのあるラ・メゾン・デュ・ショコラで25年活躍したあと2008年に独立。自身の名前を冠したショップをパリ郊外にオープンし、ショコラ界に衝撃を与えました。日本では直営店がないため、日本公式サイトでバレンタインシーズンのみ催事場で購入することができるようです。そんな希少なチョコを見逃すわけにはいきません。

 

10個入り 販売価格:3,996円(税込)

5:伝説のショップが生み出したチョコ、athalieのオリジナルチョコ「OFF THE FACE」

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

東京・青山に1964年にオープンしたブティック「athalie」。その伝説のショップがプロデュースするチョコレートがあるといいます。その名も「OFF THE FACE」、真の上質を知る大人の女性のためのチョコレート。小豆島産のオリーブのグラッセをホワイトチョコでコーティングしたシャンパンやウィスキーにも合う極上のスイーツ。まるで宝石のような美しさは、食べるのがもったいないほど。ブティック同様、チョコレートも伝説として語り継がれるでしょう。

 

販売価格:6,804円(税504円)

6:宝石の街で作られるデルレイのダイヤのグラフィックが描かれたチョコレート

この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選

世界的にチョコレートの本場として知られているベルギー。その北部に位置するアントワープ発のショコラティエDelreyは1949年創業の老舗です。またアントワープは宝石の街としても知られており、ブランドロゴにはダイヤのグラフィックが描かれています。肝心のチョコレートは芳醇な香りと芸術的なデザインから、まるで食べる宝石。本拠地に相応しい高級感溢れる味わいに誰もが納得するはずです。

 

16個入り 価格:7,776円(税込)

 

※画像は昨年のものになります。

※掲載情報は 2017/01/25 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
この時期の自分へのご褒美に!なかなか買えない本格高級チョコ6選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ