群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

記事詳細


近いようで遠く、遠いようで近い群馬県。前橋・高崎の2大都市は出張先としてもお馴染みですが、世界遺産に登録された“富岡製糸場”を始め、歴史深い史跡や温泉と見どころがいっぱい! 今の時期ならウィンタースポーツ目的で訪れる人も多いでしょう。ここでは、旅行土産はもちろん、出張する人についお願いしたくなる群馬ならではの逸品をご紹介します! いつもと違う群馬土産を探している人も是非チェックしてみては。

1:醤油ベースの汁がじんわり染みる!群馬県人のソウルフード「おきりこみ」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

まず最初に紹介したいのが、群馬県のソウルフード。古くより良質な小麦が生産地である群馬県。煮ぼうとうとも呼ばれる野菜やきのこがたっぷりの郷土料理「おきりこみ(おっきりこみ)」は、味噌仕立てである山梨のほうとうに対し、醤油ベースが群馬流。郷土料理研究家の青木さんのイチオシは、太田市の日本料理店『新田乃庄』のもの。豪壮な武家屋敷を利用しているので、せっかくなら現地で雰囲気ごと味わたいですね。

2:群馬を代表する名産品! トロッととろけるおいしさ主役級な「下仁田ネギ」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”
群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

続いては、おきりこみにもたっぷり入れたい群馬を代表する名産品「下仁田ネギ」をご紹介します。白い部分が短くて太い下仁田ネギは、トロッと溶けるような食感に独特の甘みが特徴。鍋料理に入れれば主役級のおいしさが楽しめます。収穫が12月〜1月にかけて行われるので、まさに食べごろの下仁田ネギが味わえるこの時期。群馬出身の高橋さんが、生産者オススメの食べ方も紹介しているのでチェックしてみて。

3:リッチで芳醇な香りにうっとり! まろやかで濃厚な「神津ジャージーバター」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

料理研究家の尾田さんがおいしさに感激したという、群馬県甘楽郡下仁田町にある『神津牧場』の乳製品。牛乳、ヨーグルト、チーズと数ある商品のなかでも、尾田さんがとくに気に入ったのが香りが良くまろやかな「バター」です。こちらの乳製品はすべてジャージー牛の牛乳を使用。生産効率は悪いものの、乳脂肪と乳たんぱく質の含有量が高く、濃くて味わい深い製品が生まれるのだそう。パッケージも素敵なので、ちょっとした贈り物にも良さそうです。

4:ふっくらネバネバがたまらない! 職人技のつまった三角形の「納豆」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”
群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

昭和38年に創業の「下仁田納豆」も群馬土産としてふさわしい逸品。木を薄く削ってできた紙状の板“経木”に包まれた、包みを開くと芸術的な三角形の納豆が現れます。“コンピューターよりも緻密で完璧な仕上がりこそ日本の職人技”という教えを守り続ける、まさに職人が生み出す納豆は、凝縮された大豆の旨味と抜群の粘りが特徴です。元記事で紹介している“味の決め手となる”という社長直伝の混ぜ方も要チェックです。

5:息が止まるくらいの驚き! 玉子専門店が贈る世界一濃厚な「プリン」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

ここからは群馬が誇るおやつの数々をご紹介します。まずは落語家の林家三平さんがまばたきを忘れ、息が止まるくらいびっくりしたというプリンがこちら。群馬県みどり市にある玉子職人の手焼玉子とスイーツの店『玉子屋やまたか』の「天国のぶた」です。たぶん世界一濃厚なプリン?というキャッチフレーズの通り、底までなめたくなるほどの驚きの濃密な味わいなのだとか。これは一度体験してみたいですね!

6:ワインと合わせたい大人のおやつ! あの大人気シリーズの甘くない「ラスク」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”
群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

群馬生まれのおやつといえば『ガトーフェスタハラダ』を忘れてはいけません。お砂糖やチョコレートでカバーされた大人気商品「グーテ・デ・ロワ」は、食べたことがある人も多いのでは? その大人気シリーズから甘くないラスクが登場したのはご存知でしょうか。ガーリックやオニオン、チーズの味にトリュフの香りをまとう「オードブルラスク グーテ・デ・ロワ ソムリエ」です。相性抜群なワインとともにお楽しみください。

7:のど越し抜群なプルプル食感! カクテルにも合う「こんにゃくゼリー」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

3つめのおやつは、ちょっと珍しいレシピと合わせてご紹介しましょう。群馬県沼田市の食品メーカー『雪国アグリ』の「こんにゃくゼリー」です。群馬県の名産である“こんにゃく”を使用したコーヒー味のゼリーは、通常のゼリーよりも弾けるようなプルプル食感が楽しめます。そのままでもおいしいですが、バーテンダーの宇敷さんイチオシがカルーアミルクと合わせた群馬県の妙義山をイメージしたカクテル。甘くてヘルシーなので女性におすすめです。

8:華やかな席にもぴったり! 世界のワインもたじろぐ「日本酒スパークリング」

群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”

最後に、秘書の高橋さんがすっかり魅了された、県北にある川場村で明治19年創業の酒蔵「永井酒造」が手がける日本酒をご紹介します。グラスに注ぐとまるでシャンパンのような一筋の泡が美しく立ち昇る、無色透明の日本酒スパークリング「MIZUBASHO PURE」は、キリリと引き締まった辛口で果実を思わせる品の良い香りと、日本酒ならではのまろやかな口当たり、華やかな泡の心地よい刺激が味わえます。パーティーに差し入れすれば、注目されること間違いなしの逸品です。

※掲載情報は 2016/02/07 時点のものとなります。

  • 11
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
群馬に行くなら買ってきて!出張のお土産にお願いしたい群馬の“なっからんまいもの”
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ