酸味・辛味・旨味の絶妙ブレンド!レモンのタバスコ「レモスコ」

酸味・辛味・旨味の絶妙ブレンド!レモンのタバスコ「レモスコ」

記事詳細


紹介している商品


料理の仕上げに一振り!国産素材のみで作る仕上げ調味料。

酸味・辛味・旨味の絶妙ブレンド!レモンのタバスコ「レモスコ」

「レモスコ」の材料はとってもシンプル。広島のレモン、九州産の青唐辛子、醸造酢に海人の塩でつくった、無着色、無香料、保存料なしの、無添加液体調味料です。

 

無添加のタバスコ……ならぬ、レモスコは、お料理の仕上げに一振り。爽やかな酸味と、ピリリときいた辛味が、サラダはもちろん、カルパッチョなどのお魚料理、焼き鳥などのお肉料理など、どんなお料理も味を引き締め、より旨みを凝縮させてくれます。

酸味・辛味・旨味の絶妙ブレンド!レモンのタバスコ「レモスコ」

材料のベースになっている「レモン」は広島県産。その中でも、防腐剤を一切使用しない減農薬で育ったレモンを使用しています。皮も丸ごと使っているので、香りが非常に良いのも特長です。もう一つの酸味である「お酢」は福岡産。レモンと相性の良いものを試行錯誤して探されたそうです。さらにレモンとお酢の酸っぱさに合う風味・辛味のバランスの良い「青唐辛子」。瀬戸内海の旨味が詰まった「海人の藻塩(あまびとのもしお)」を入れて味をまろやかに調整し、仕上げています。

 

こだわりのシンプルな素材のみを使って、最後は経験と確かな舌を持つ職人さんが手作業で製造に関わり仕上げたレモスコ。無添加で丁寧に作られた優しい味です。

 

ぜひお料理の仕上げに使ってみてはいかがでしょうか?

※掲載情報は 2015/10/26 時点のものとなります。

  • 24
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
酸味・辛味・旨味の絶妙ブレンド!レモンのタバスコ「レモスコ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

麻生怜菜

精進料理研究家/フードアナリスト

麻生怜菜

長崎県生まれ。全国を転々とした幼少時代を過ごし、旅行好きの両親の影響もあり47都道府県全ての地域食材、郷土料理を食べて成長する。
大学卒業後、株式会社リクルートにて営業職を経験。その後クックパッド株式会社にて編集職を経験。結婚後、夫の実家がお寺であったことをきっかけに、お寺の行事食に関わり、伝統的な和食(特に精進料理)に興味をもつ。

日本の伝統食、特に精進料理の考え方や調理法、食材などに感銘を受け、伝統的な調理法や食材を、現代のトレンドと融合した食文化の発信する場として、2011年より「あそれい精進料理教室」を主宰。
2015年より、楽しくお料理が学べる、全国の厳選のオススメお料理教室を紹介するサイト「#FunCookingLab in the Kitchen」代表を務める。
現在は、日本大学生物資源科学部非常勤講師(食文化史)・フードアナリスト1級認定講師として、講師・講演活動。食文化史・精進料理研究家として日本の伝統食の考え方やレシピを発信している。

著書「寺嫁ごはん~心と体がホッとする“ゆる精進料理~」(幻冬舎)

次へ

前へ