美しくハイセンスそして美味しい「アゴーラ ホテルカレー」

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

美しくハイセンスそして美味しい「アゴーラ ホテルカレー」

美しい日本を集めたホテルアライアンスのホテルレトルトカレー

ippinで掲載させていただいた商品に反響があると、筆者としては嬉しいものであるが、そもそも自ら味わいこれは!と思う商品を選んでいるので、商品の持つ実力に改めて畏敬の念を抱くばかりだ。

 

ところで、一度紹介した商品でも、別バージョンのあるケースでは努めて紹介したいと考えているが、それぞれに個性が際だち、テイクアウトグルメといえど、ホテルのプライドや愛情までも感じるのだ。

 

今回はホテルレトルトカレー。以前紹介し大好評だった「アゴーラ ホテル黒カレー」、そのスパイシーさにハマり、以後筆者の自宅でも定番となり、全国誌のホテルレトルトカレーランキングへも推挙させていただいた逸品だ。その姉妹品「アゴーラ ホテルカレー」を紹介したい。

 

様々なカテゴリーのホテル・旅館を国内で12軒展開している、アゴーラ・ホテルアライアンスを代表する総料理長のひとり、浦野敏一氏が監修したカレーだ。

美しくハイセンスそして美味しい「アゴーラ ホテルカレー」

選び抜かれたスパイスとじっくり煮込んだ香味野菜が効いた、まさにホテルメイドといえるビーフカレーである。ほんのりと感じるスパイシーな香りで味わいに深みを増す。そんな深い味わいの中に、ほんのり野菜の甘さが残るのだ。これぞホテルならではの逸品。

美しくハイセンスそして美味しい「アゴーラ ホテルカレー」

アゴーラ・ホテルアライアンスは「美しい日本を集めたホテルアライアンス」をビジョンとして掲げている。共通するのが「ハイセンス」と「居心地の良さ」だ。一見相反するワードのように見えるが、アゴーラ・マジックにかかれば、二乗三乗になって滞在の魅力に変わる。これはカレーも同様。美しさをも感じる秀逸なパッケージデザインから既に食欲をそそられ、口に含むと食欲が更に増進。これもまた、二乗三乗のアゴーラ・マジックか。

 

アゴーラのアライアンス施設のほかオンラインショップでも購入可能。また、ホテル・アゴーラリージェンシー堺とホテル・アゴーラ大阪守口のレストラン、オールデイダイニング&ラウンジ「ザ・ループ」をはじめ、一部のアライアンス施設の朝食でも提供されている。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
美しくハイセンスそして美味しい「アゴーラ ホテルカレー」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

瀧澤信秋

ホテル評論家 旅行作家

瀧澤信秋

ホテル評論家、旅行作家。All About公式ホテルガイド。ホテル情報専門サイトHotelers編集長。日本旅行作家協会会員。日本を代表するホテル評論家として、利用者目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。その忌憚なきホテル評論には定評がある。フィールドは、ホテルステイからホテルグルメ、ホテルにまつわる社会問題までと幅広い。テレビやラジオ、雑誌などへの露出も数えきれず、業界専門誌への連載も手がけるなどメディアからの信頼も厚い。また、旅行作家としても旅のエッセイなど多数発表、ファンも多い。2014年は365日毎日異なるホテルへチェックインし続ける365日365ホテルを実践中。「365日365ホテル 上」(マガジンハウス)として上半期のホテル旅の記録をホテルガイドも兼ねて上梓した。著書に「ホテルに騙されるな!プロが教える絶対失敗しない選び方」(光文社新書)などがある。

この記事をシェアする

次へ

前へ