創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

記事詳細


手土産を選ぶ時、相手の好み、人数、シチュエーションなどなど、いろいろと考えなければいけないことが多くて、迷うこともあると思います。そんな時は、長年愛されてきた手土産を選ぶことも考えてみてはいかがでしょうか。長い間、続いてきたってことは、それだけ多くの方に好まれてきた証拠の一つです。今回は、東京で100年以上の歴史をもつ老舗中の老舗店舗の定番手土産をご紹介いたします。和菓子、佃煮、お菓子、漬物など、好みによって使い分けてみてはいかがでしょうか。

1:味付けは1種類ですが、味の違いを感じる不思議な銀座【たちばな】の「かりんとう」

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

昔から多くの人にお菓子として好まれてきた「かりんとう」。種類も豊富で駄菓子と呼ばれるものから、高級なものまでいろいろと販売されていますが、やっぱり歴史のあるお店の「かりんとう」は違います。明治42年(1909年)の創業の銀座【たちばな】の「かりんとう」は、種類も細めの「さえだ」と太めの「ころ」の二種類あり、味付けは1種類ですが、それぞれで味が異なる不思議な「かりんとう」です。包装などもしっかりしているため、「かりんとう」ですが十分に高級感がありますので、手土産でも使用できる定番の和菓子です。

2:定番だけどやっぱり違う100年以上の歴史ある【大心堂】の「古代」

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

明治30年(1897年)に創業以来、おこしのみを作ってきたおこし専門店【大心堂】。当時から東京土産として重宝されてきた雷おこしでしたが、それだけでは満足できない当時の店主が、一年以上の時間をかけて生み出しのが、この「古代」です。厳選した落花生、おこし種、水飴、砂糖を原料にし、熟練した職人の手によって製造されていますが、紹介者の荒岡眼鏡の三代目 眼鏡店ブリンク店主の荒岡俊行さんは、「おこし好きでない人もきっとおいしいと言うはず」、とこちらの商品を紹介してくれています。迷ったら定番ですが、東京らしい手土産を選ぶのも一つの手だと思います。

3:歴史に偽りなし!400年以上の歴史ある【虎屋】の羊羹

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

室町時代(1336年~1573年)後期に京都で創業した虎屋は、400年以上もの歴史のある老舗の和菓子屋さんです。店舗限定や別ブランドを立ち上げたりするなど、ippinでも多くのキュレーターによって紹介されています。その中でも東京ステーションホテル 丸の内南ドーム内2階にあるTORAYA TOKYO(トラヤ トウキョウ)でしか販売していないのが、TORAYA TOKYO限定パッケージの小形羊羹です。パリ在住の画家、P.ワイズベッカー氏が描きおろした東京駅丸の内駅舎をモチーフにしたパッケージは、東京らしさが表現されているので、お土産でも喜ばれるお土産ではないでしょうか。

4:歯ごたえがたまらない!甘くない【銀座三河屋】の「沢庵漬け」

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

お漬物といえば、絶対に外せないのが「たくあん」。そのまま食べてもよし、お酒のつまみでもよし、ご飯と合わせてもよし、のお漬物の中でも万能な一品ではないでしょうか。そんな「たくあん」ですが、BEAMSクリエイティブディレクターの青野賢一さんが紹介してくれたのは、元禄時代(1688年から1704年)に創業した【銀座三河屋】の「沢庵漬け」。こちらの「沢庵漬け」は、宮崎県田野市で栽培された大根を寒風で乾燥させ、赤穂の海水塩、道南産天然昆布、和歌山県かつらぎ町の柿の皮と糠で半年以上漬け込んでおり、堅めの歯ごたえと爽やかな酸味が特徴です。甘みは皆無だそうですので、最初は驚くかもしれませんが、ぜひ一度は味わっておきたい甘くない「沢庵漬け」です。

5:たまごかけご飯にも合う!【日本橋鮒佐】の「江戸前佃煮 白寿(しらす)」

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

老舗の店舗が集まる日本橋。色々な歴史あるお店がありますが、山本海苔店 取締役の山本貴大さんが、1862年創業の佃煮屋【日本橋鮒佐】のみんな大好きなたまごかけご飯にも合う「江戸前佃煮 白寿(しらす)」を紹介してくれました。【日本橋鮒佐】では、海の環境によって成長具合にばらつきがあるしらすの中から厳選し、プリプリのあるものを使用して佃煮にしています。塩気が効いた味わいはたまごとの相性も抜群だそうです。ぜひ一度、たまごかけご飯に合わせてみてください!

6:100年以上の歴史ある老舗の佃煮屋【佃茂の佃煮】の佃煮

創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!

年配の方と一緒に住んでいた方なら、「佃煮」は、食卓でもよく目にしていたんではないでしょうか。お店などによっても使っている材料や味付けなどが違うため、地域性や特徴がでやすいモノの一つです。お土産で買うなら、やっぱり歴史のあるお店のものだと安心ですよね。安政3年(1856年)に創業された老舗の佃煮屋【佃茂の佃煮】は、築地という土地柄もあって魚介類の種類が豊富で、そのラインナップは全部で20種類以上にも及びます。詰め合わせ(杉折詰合)も複数用意されているので、相手の好みにも合わせられる手土産です。

※掲載情報は 2015/10/02 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
創業100年以上の老舗だけを集めた東京土産 その味と歴史に偽り無し!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ