【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」

【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」

記事詳細


紹介している商品


ねっとりとした蜜があふれ出すイチジク

【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」

すっかり秋風の心地良さを感じる、すごしやすい時期になりました。食欲の秋でもあるこの時期に「極上の果物」をご紹介します。(黒イチジクの収穫時期:9月下旬頃から11月初旬頃まで)

 

6月は同じ唐津の生産者の「青イチジク」をご紹介させて頂きましたが、今回は秋に旬を迎える「黒イチジク(ビオレソリエス)」をご紹介します。このイチジクはフランス原産で欧米ではレストランでも有名な品種です。国産は新潟県と佐賀県で栽培されています。国産の黒イチジクはとても希少です。6月の「青イチジク」は氷砂糖のようなさっぱりとした甘さと滑らかな食感ですが、この黒イチジクはねっとりとした蜜のような甘さ(糖度はなんと20度前後)が特徴で濃い紫のやわらくとってもおいしい品種です。

生産者さんは「黒いダイヤモンド」と呼んでいます

【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」
【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」

日本で食べられているイチジクのほとんどは桝井ドーフィンか蓬莱柿(ほうらいし)という品種です。このビオレソリエスという品種は、フランスではメジャーなイチジクですが、まだ日本ではあまり栽培されていません。イチジクは傷みがはやいフルーツなので、青果で輸入されるものもほとんどありません。

 

佐賀県で栽培しているのは富田農園さんと、富田さんが栽培を指導している農家をあわせて4戸。あまり市場にも出回らず希少価値が高いので「まぼろしのイチジク」とも呼ばれています。そして生産者である富田さんは1個1個に手間と愛情を注ぐあまり、俺にとっては「黒いダイヤモンド」と言っています。

 

<お料理など>
このイチジク自体、濃厚でインパクトがあるのでやはり、タルトや洋菓子のトッピングにもいいと思いますが、実はお肉(特に鴨肉)とも相性がいいので、ソースにしたりイチジク自体をグリルすることで更に濃厚な一品になります。

黒イチジクの産地唐津市は「フルーツ天国」

【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」
【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」

唐津市浜玉町は海に面し日当たりの良い山の斜面を利用した北部九州の蜜柑の大産地。ハウス蜜柑、温州蜜柑デコポン、他のかんきつ類、ぶどう梨、何とリンゴまでフルーツの産地です。黒イチジクの圃場は間もなく彼岸を迎えます。季節を先取りするかのように真っ赤な彼岸花が咲き誇っています。

 

秋の行楽シーズン、是非佐賀県唐津にいらっしゃいませんか。

紹介しているお店

佐賀県唐津市 富田農園

※掲載情報は 2015/09/07 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【黒いダイヤモンド】初秋に蜜のようにねっとりとした甘さの佐賀・唐津「黒イチジク」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

松永靖嘉

ベジフルコーディネイター

松永靖嘉

◆(株)吉森 産直事業部マネージャー  ◆野菜ソムリエ  ◆おされveg.LAB所長  大手通販会社で九州の美味しい農産物や「食」を開発に奔走。後に宮崎の「綾町」で有機野菜の素晴らしさに触れ、農産物の産直の仕事に携わる。以後、量販店・外食関係に農産物の紹介や販売を行うかたわら多くのシェフたちとメニューの開発などにも参画している。現在は佐賀唐津に在住し、高齢化する農業分野の中で若手を中心とする農産物の企画・開発・販売を行い、「本当においしい農産物」のトレンドを作りながら全国に情報を配信している。農産物の開発だけでなく、ビジュアルやデイスプレイなど「農産物をまるごとプレゼン」する仕事もおこなっている。◆百貨店のバイヤーやレストランなどに年間を通じて美味しい九州の農産物の企画・運営を通し多くの農産物だけでなく「生産者や産地のリアルな背景」を通して「その農産物の物語」を作っていくことで多くのファンを作っている。◆(モットー)生産者さんや農業関係に従事することは苦労も多い中「Happy」であることを忘れず、ライフスタイルの中での「食生活」を「おしゃれに」楽しむことを目指している。

次へ

前へ