【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

記事詳細


今日は5日でチーズケーキの日。古くからチーズのことを指すと言われる「醍醐(だいご)」から5日はチーズケーキの日となります!

 

さて世の中には、さまざまなチーズケーキがありますが、みなさんはどんなチーズケーキ好きですか?

 

一口に「チーズケーキ」と言っても、作り方、配分、お店によって呼び方もさまざま。基本的に大きくわけてベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキの3種類に分かれると言われています。

 

■ベイクドチーズケーキ

チーズケーキの中でもメジャーなのが、オーブンでしっかり焼き色が付くまで焼く製法のその名の通りベイクドチーズケーキ。濃厚なチーズの風味を感じ、しっとりとした食感なのが特徴的です。

 

■レアチーズケーキ

生のチーズの風味を楽しむ火を通さない、ゼラチンなどで冷やし固め、卵も使用しない製法のレアチーズケーキは、さっぱりながら、チーズの風味もしっかり感じられクリーミーな食感が特徴的。ベリー系のなどフルーツやソースとの相性が抜群!

 

■スフレチーズケーキ

ふわふわでさっぱりしているスフレチーズケーキは、卵白のメレンゲを泡立て、湯煎で蒸し焼きにして作られます。ふわふわした軽い口当たりの中に、クリームチーズと生クリームのコクが絶妙にマッチ!

 

■これ以外にippinでは、ジャンルにこだわらないオリジナルチーズケーキを紹介しています。ハイブリット、酒粕、かぼちゃのチーズケーキなど、独自のチーズケーキを編み出していたり、チーズケーキは応用の幅が広く、色んな食材ともマッチするスイーツなのです!チーズケーキの日、ippinならではのチーズケーキをご堪能ください。

【ハイブリッドなベイクドチーズケーキ】チーズを温めてふわとろでいただきます!

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

東大阪市の洋菓子店「ルジャンドル」のベイクドチーズケーキはインパクト抜群!チーズケーキをぐるりと取り囲むのは切り株型のバウムクーヘン。チーズケーキ×バウムの1つで2つの異なる味わいが楽しめるハイブリッドスイーツになっています!「電子レンジで数秒チン!と温めて、中心のベイクドチーズ部分をふわとろ状にしてスプーンで土台と一緒にすくって食べる」というのが、通な食べ方としておすすめです!

【レモンの酸味のレアチーズケーキ】甘さもサイズも控え目で甘党以外の人にもおすすめ

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

まったりと濃厚なクリームチーズにレモンの酸味、甘さは控えめな「しろたえ」のレアチーズケーキ。レアチーズケーキ専用に焼き上げるという土台のビスケットは香ばしくサクサク!サイズはやや小ぶりの上品なサイズで、甘さ控えめでレモンの風味でさっぱりといただけるこのチーズケーキは、甘いものを普段食べない方でもペロリといただけますよ!

【ベイクドの上にスフレチーズケーキ】大人の贈り物にも最適な「ジャンニ」チーズケーキ

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

元モーニング娘の保田圭さんの旦那さんとしてメディアにも登場するイケメンシェフ、「ジャンニ」オーナーである小崎陽一氏監修のチーズケーキがこちら!クリームチーズに塩を加えてコクと深みを出したベイクドチーズケーキの上に、マスカルポーネチーズを重ねて湯煎焼き、しっとりと仕上げています。マスカルポーネが加わることで、チーズ感がさらにアップ!とてもリッチなチーズケーキです。生地のなめらかな口どけも魅力の一つで、甘さを抑えながらもコクのあるこのケーキ、スイーツとしてのみならず、ワインと一緒に味わっても美味!大人のための贈り物としてもぴったりです。

【かぼちゃのチーズケーキ】バナナかぼちゃのクリーミーで濃厚なチーズケーキ

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

新潟県上越市にある「パティスリー・フルール」の「かぼちゃのチーズケーキ」。なんといってもこのチーズケーキの特徴はそのかぼちゃ。上越地域で生産される珍しい「バナナかぼちゃ」でつくられています。このかぼちゃの特徴は水分たっぷりでみずみずしく、果物のように甘く、栗のようにホクホク、それでいてなめらかでクリーミー、濃厚な風味が魅力のかぼちゃです。この特別なかぼちゃでつくったチーズケーキ、これまでのチーズケーキのイメージを打ち砕く逸品です。

【酒粕のチーズケーキ】酒粕の発酵が進んだ賞味期限ギリギリで食べるのが通!

【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情

2013年に観光庁が「究極のお土産」に選定された、「湖のくに」の生チーズケーキは酒粕入り!

 

琵琶湖周辺の日本酒を醸造する6ヶ所の蔵元(松の司、波乃音、喜楽長、美冨久、萩乃露、七本鎗)のもので、それぞれの利き猪口に入っています。口に運ぶと、パキっとした酸味があるもの、ふわっと柔らかく香るものと実に個性的。蔵元によって異なるお酒、その酒粕の味の違いを楽しむことができます。“利き酒”ならぬ“利き酒粕“ができるのも、美味しい地酒から生まれた良質でフレッシュな酒粕ならではです!

※掲載情報は 2015/08/05 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【毎月5日はチーズケーキの日】お土産に喜ばれる最新チーズケーキ事情
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ