この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール

この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール

記事詳細


ヨーロッパをはじめ世界中で人気の高まるクラフトビール。各地の小規模な醸造所(ブルワリー)よりビール職人によるこだわりのある様々なクラフトビールが作られています。今回は個性豊かな、いま注目したい各国のクラフトビールをチョイス。この夏、あなたのビールの世界が広がる1本をぜひ見つけてください。

1:クラフトビール初心者にもおすすめしたい「採算度外視」の型破りなクラフトビール

この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール

ビアジャーナリストの野田幾子さんが、よく浴びる質問が「どれ飲めばいいの?」。その時に、ずばり「問答無用でコレを飲め!」な銘柄として挙げるのがこの「ブリュードッグ パンクIPA」(写真 左から2番目)。名前に入っている「IPA」は、クラフトビールの中でも人気のあるビアスタイルのひとつで「インディア ペール エール」の略称です。18世紀に英国で生まれ。当時のインドへ船で運ぶ際にビールの劣化を防ぐため、殺菌効果のあるホップを大量に使ったことから苦味が強いビールができたのがこのビアスタイルのはじまりです。注目したいのがこの「パンクIPA」、通常のラガービールに比べて40倍のホップ、2.5倍の麦芽、8倍以上の熟成期間を経て造った「採算度外視」の型破りなクラフトビールだということ!これが、美味しくないわけがなく、また、酒販店はもとより百貨店やスーパー、コンビニなどで比較的手に入りやすいというのも嬉しいこの夏に飲んでみたいクラフトビールの一本です。

 

2:世界のビールマニアを魅了するクラフトビール界の鬼才が手がけた1本

この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール

世界中のクラフトビール好きの間にその名を轟かすデンマークのブルワリー「ミッケラー」。
この「ミッケラー」、自身の醸造所を持たず、ユニークなレシピで世界中の醸造所とコラボレーションして個性的なビールを次々に発表してファンが増えているクラフトビールです。このビールの特徴は「食事にも合う」こと。個性豊かなビールは、まるでワインを選ぶような楽しさで「食事のお供といえばワイン」というこれまでの概念さえも、ミッケラーはビールで変えてしまいました。世界のビールマニアを魅了するクラフトビール界の鬼才ミッケラーの魅力をぜひ味わってクラフトビールの世界の広さを感じてみてはいかがでしょう?

3:クラフトビールの人気が高まるスウェーデンのクランベリージュースとビールの出会い

この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール

日本と同様に近年クラフトビールの人気が高まっている国、スウェーデン。ビール全体の消費量の中でクラフトビールの割合は日本が1%程度に対してスウェーデンは5%という水準をみても人気の高まりが見てとれますね。もちろん作る側をみてもスウェーデン国内のブルワリーは2013年には70箇所、現在では170箇所も存在するまでになっています。ここで紹介するのはクランベリージュースとビールの出会いを体験できる、まったく新しいクラフトビール「クランベリーラドラー」。ビールとクランベリージュースのブレンドで、見た目も綺麗なロゼワインのよう。アルコール度も低いので、ビールが苦手な方でもチャレンジできるクラフトビールなので休日の午後に軽く楽しむのにピッタリな1本です。

4:スウェーデンクラフトビールの新星!「キャップ ブルワリー」

この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール


北欧のクラフトビールの魅力に「デザイン性」が挙げられ、特にスウェーデンのブルワリーは専門のデザイナーと組んでクラフトビールを造っているところもあるほどです。ビール業界で注目の新星「キャップ ブルワリー(CAP Brewery)」は、2012年にできた醸造所で「CAP 」は、「Curious Audacious Products(独創的な製品)」という意味の頭文字でネーミング通り独創的なデザインに、バランスの良い味わいのクラフトビールを作り出しています。スウェーデンのストックホルムの小さなブルワリーから世界に発信される新しいクラフトビールはこれから注目したい1本です。

クラフトビールの関連記事

※掲載情報は 2015/08/01 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
この夏、飲むならどれ?今注目したい世界のクラフトビール
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ