ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

記事詳細


4月から転勤や入学などで、新生活を始める人も多いのではないでしょうか。毎日を楽しく生活するために、食器や家具など新調する人も多いともいます。快適でイキイキした生活を向かえるために、ワンランク上のテーブルウェアをご紹介いたします。

1:【箸】シルバーアクセのようなレザーケースと箸のセット

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

日本人なら使う頻度も多い食器の一つ、箸。自宅でご飯を食べるときや、心のこもったおいしい料理を食べるときには、自分の箸で食べたいものですよね。この箸は、ハワイ固有種の「コアウッド」という木を使って箸の名店「銀座夏野」が作ったもので、外出先でも使いやすいように持ち運びにも便利なレザーのケース付き。好みから五角形、六角形の二つから選べますので、自分の持ちやすい形を選んで、毎日の食事を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

2:【皿】アメリカンダイナーを連想するデザインが魅力の食器

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

伝統的な焼き物の町、長崎県の波佐見(はさみ)で生まれた、古くて新しいブランドHASAMI。毎日使う食器だからこそ、奇をてらったものよりもシンプルで長く使えるものを選びたいですよね。大衆食器の様な機能的でシンプルなデザインで、色も鮮やかなため、毎日の食事も楽しくでき、長く使えるものだと思います。

3:【コップ】色が印象的なアメリカン・アンティーク・カップ

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

1941年から1976年にかけて、アメリカで製造されていた「ファイヤーキング」。神秘的な翡翠色をした「ジェダイシリーズ」のものが有名で、中古でも高値でやり取りされています。アメリカではすでに製造されていませんが、日本のガラス職人によって復活されました。自宅でお気に入りの飲み物を飲むとき、実用的でシンプルなデザインと神秘的な翡翠色をしたカップで、自宅でカフェ気分を味わってみませんか。

4:【茶筒】使い勝手が広がるまるで色気と気品がある高級茶筒

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

1876年から続く京都の五条大橋近くにギャラリーがある高級茶筒「開化堂」。海外で高い評価を得ているそうです。この茶筒は、お茶葉や紅茶などの保管はもちろん、高い技術と余分なものが削ぎ落とされた美しさを併せ持ち、インテリアとしても映えるものになっています。自宅でお茶を急須で飲むことも少ないと思いますが、ぜひお茶や紅茶を飲んで、ゆっくり心を落ち着かせるのはいかがでしょうか。

5:【土鍋】ごはんが驚くほど簡単に美味しく炊ける土鍋

ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)

日本人の食卓にはなくてはならないお米。お米を美味しく食べるためには、お米をもちろんのこと、炊く方法にもこだわる必要があります。このAKOMEYAオリジナルの土鍋は、お店でも実際に使用されているものですが、この土鍋を使えば家でも美味しくお米が食べられます。その秘密は、「10分火にかけて、10分置くだけ」。火加減などにも注意する必要がなく、美味しいご飯が食べられますので、ぜひ美味しいお米ライフをこの土鍋で楽しんでみるのはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2015/04/07 時点のものとなります。

  • 2
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ワンランク上の新生活テーブルウェア5選(国内産編)
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ