老舗洋食屋そのままのおうちで堪能する特製カレー・ハヤシ

老舗洋食屋そのままのおうちで堪能する特製カレー・ハヤシ

記事詳細


紹介している商品


銀座の老舗洋食屋さんのハヤシライスが家で、いつでも味わえる幸せ

老舗洋食屋そのままのおうちで堪能する特製カレー・ハヤシ

私の料理学校は銀座にあります。お仕事の間の楽しみはランチタイム。美味しいお店が目白押しな銀座。そのなかでも学校から徒歩3分の「ドンピエール」さんは週に1回以上は伺う最愛のお店。丁寧に作られた極上の洋食はどこか懐かしいお味、そしてお店の方のサービスも極上! 居心地の良いアットホームさで今は成人した娘も中学生の頃から一人でふらっとおじゃまさせて頂いたほど。第2の我が家のようなお店です。そちらで頂くお料理は名物のオムライスをはじめ、からすみのパスタ、シーフードドリア、ビーフカレーなど、どれもとても美味しく毎回迷ってしまうほどですが、中でも私のイチオシはビーフハヤシライスです。

とろけるほど柔らかく煮込まれた石井ミートのA5ランクの和牛がたくさん入っており、厚めに切られたマッシュルームとしんなり炒めた玉葱が旨味を添えています。そして特筆すべきはそのおソース! 何日もかけて仔牛や野菜をふんだんに使って煮詰められたデミグラスソースで作られたソースは、絶品としか言いようがありません。ツヤツヤのデミグラスソースは奥深い味に自然の甘さやコクがあり、家庭では出さない老舗の技を感じさせてくれます。

そのような愛するハヤシライス。忙しくてしばらく頂けないと禁断症状になりそうなほど。そんな時に私を癒してくれるのがこの「ドンピエール」さんの冷凍特製カレー・ハヤシ。これはふつうのレトルト食品ではありません。「ドンピエール」さんの厨房で、レストランに出されているものをそのまま詰めて冷凍されたものなのです。ということはレストランで頂くものとまったく同じ。それがいつでもどこでも頂けるのです~! ある日、レジの横にあるこの商品に気が付いて以来、冷凍庫に必ず常備! 自分や家族用にはもちろん、急な来客にも最高のおもてなしができます。ひとつ難を言えば、美味し過ぎて、お客様に「さすがお料理の先生ね。これすごく美味しいわ~」と褒めて頂いたあとにレトルトです~、と白状すると気まずいこと。でもいいのです~。最高に美味しいものが手軽におうちで頂けるなんて、最高に幸せですものね~。

※通販で販売している箱詰の工場生産のレトルトの商品とは、異なります。

※今回紹介の「冷凍特製カレーハヤシ」はお店で購入か店舗に問い合わせて配送して頂く商品になります。

※掲載情報は 2015/03/11 時点のものとなります。

  • 11
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
老舗洋食屋そのままのおうちで堪能する特製カレー・ハヤシ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

中村奈津子

田中伶子クッキングスクール校長

中村奈津子

日本女子大学食物学科卒業後、全日本司厨士協会に就職。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミー、香港鴻星料理学院で学ぶ。2006年ニューヨーク駐在時より料理教室「LOVELY TABLE NEW YORK」を主宰。2009年帰国後、実家田中伶子クッキングスクールに勤務。2012年「LOVELY TABLE GINZA」開校。現在もニューヨークを行き来する活動をしている。
PHP研究所発行月刊誌「JAPAN CLOSE-UP」に料理記事連載。光文社「VERY」「女性自身」などに寄稿。BSフジ阿川佐和子氏の「阿川ごはん」レギュラー出演。日本テレビ「ZIP!」定期出演中。
主婦と生活社発行「一生作り続けたいおかず~50年の名門料理教室のベストレシピ150」が2014年本屋レシピ本大賞4位入賞。2014年9月講談社発行「本当に作りたい料理、ぜんぶ。」好評発売中。

次へ

前へ