その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

記事詳細


紹介している商品


まるで編み物?「ザブトン モンブラン」SNSで超話題!

まるで栗ニットで編んだみたい!その名も「ザブトンモンブラン Zabuton Montbranc」でございます〜。大阪府今里に本店がある「ケントハウスプリュス」にて、小住匡彦(おずみまさひこ)シェフのスペシャリテのひとつ、れっきとした栗スイーツ「モンブラン」です!

―――――

小住シェフは関西大学をご卒業後に渡仏、語学や洋菓子を学ばれパリ市内の有名パティスリーやショコラトリーを経て、Paris「A Lacroix patisserie」、Parisの五つ星「palece hotel」でスーシェフをされていました。今年2021年に帰国され、大阪に3件のブティックを持つ「Kent house plus」の2代目シェフとしてご活躍です。

最初にシェフのインスタグラムでザブトンモンブランを見た時に衝撃を受け、「見たい食べたいお会いしたい!」と図々しくご連絡さしあげており、やっと先日実現しました。

その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

ザブトンモンブランは、手前の4つが通常サイズで、大きい方はその10倍!

今回は4種のお味ですが、他にも種類はまだあるそう。

 

赤がモンブランフレーズ Montblanc fraise

黄色がモンブランマンゴー Montblanc mangue

黒がモンブランノワール Montblanc noir

茶がモンブランパリ Montblanc paris

です。

 

 

気になる断面とお味!まずは大胆にも、一番大きいサイズに早速入刀させていただいたら、

中身は8層仕立てー!ショコラ&マロンのグラデーションで、トップはチョコレートムースです。これがもう、絶妙なバランスなのです。甘すぎず濃すぎずしつくこないおいしさ。中間にジャンドゥーヤが入っていてザクザクした食感。食べていてもリズムがあり、どんどん食べ進みます。

その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

続いて4種にも全て入刀させて頂いたのですが、見た目の美しさはもちろん、それぞれの素材を活かした味の組み合わせ、そのバランスもいい!

その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!
その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

例えば、フランボワーズの酸味は酸っぱすぎない華やかさ、マンゴーの香りも上品な仕上がり。でも物足りないわけではなく栗ムースととても合っています。時々赤ワインジュレが香ったり、オトナ的な味わいがある一方で、まろやかな栗とショコラの組み合わせは、どなたにも喜ばれそう。

  • その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!
  • その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!
  • その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!
  • その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!

僭越ながら「フランスでのご経験が長いそうですが、今の日本の方々の味覚にぴったりの味が作れるって、すごいです」とお伝えしたら

「フランスにいた時も、日本らしさってなんだろう、どうやったら伝わるかをよく考えていました。このモンブランもまず見た目や名前から「日本」を連想していただきたくて。見た目は斬新でも味は尖りすぎない、食べやすい方がいいなと思っています。」とのこと。

確かにおっしゃる通りだなぁと思います。

 

そういえば、ザブトン­=座布団 も久しぶりに聞いたフレーズで、モダンな見た目と私たち日本人にはちょっとレトロな名前もトータルでインパクト大!なモンブラン。

 

2021年現在、ザブトンモンブランが買えるお店は大阪のみです。「ケントハウス大阪本店」、阪急百貨店にも支店があるそうですが、ザブトンモンブランが店頭に出るとあまりにも人気で行列ができてしまうので、緊急事態宣言など様子をご配慮されての不定期販売体制もとられているそうです。また、大きいサイズは事前ご予約が必要です。

 

東京でもイベントなどが予定されているそう。

小住シェフとザブトンモンブラン、これからも大注目です!

※掲載情報は 2021/09/18 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
その名も「ザブトンZabuton」モンブラン!栗ニットで編んだみたいと超〜話題!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

里井真由美

フードジャーナリスト

里井真由美

2012年食専門家として独立。グルメ誌で連載開始、世界15カ国以上のレストランに着物で伺うスタイルが話題に。テレビ番組はコメンテーターやグルメレポート等2年間で70以上に出演。現在「jcom街声!グルメランキング」レギュラー出演中。

最近では講演、大学講座、コンテスト審査員、日本の食文化を高めるべく海外のクールジャパンセレモニー出席や、お米の世界大会審査員等国際的に活躍の場を広げ、2015年ミラノ万博日本館のオフィシャルサポーターにも任命される。

<兼任>
◎(社)日本ソイフードマイスター協会顧問
◎ 日本の食の親善大使「食のなでしこ」
◎ 米食味鑑定士、唎酒師、オリーブオイルソムリエ
◎ ASEAN食のコンシェルジュ
◎ 「たべあるキング」和食・フレンチ・アジアン担当

【テレビ出演】
■NHK「美の壷」■テレビ朝日「関ジャニの仕分け」■日本テレビ「メレンゲの気持ち」■フジテレビ「笑っていいとも」■TBS「花まるマーケット」他

次へ

前へ