食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

記事詳細


紹介している商品


大切な人の記念日に贈りたい大粒ルビーのようなクラッシックを聴いて育った苺

去年、バースデーが近いから一緒に祝おうと約束をしていた宮崎県在住の友人から、会えないからと、バースデーギフトに素敵な箱に入った大きな苺が届きました!!

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

大きいと、ただ表現してもこの驚きは伝わらないのではないかと思うほど大きい。

両手の平いっぱいに広がり、さらにコロンと厚みもある。

その大きさは普通の苺の3倍はあるのではないでしょうか!

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

苺大好きな愛犬もその甘い香りと大きさにびっくり!!

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

さて、この苺、大きさだけが特別ではありませんでした。

広大な自然が広がる宮崎県の西都にて、特別にブレンドした自然の栄養がたっぷりな土で、ミツバチの力を借りて、花粉を運び、虫を駆除。

そしてクラッシックを聞きながら、大切に、大切に、育てられているのです。

味にこだわりたいという思いから、土で育て、いちご狩りも行いません。

土耕栽培は、根量が多く、健康状態・味が安定して良好となる反面、いちごは土に触れると悪くなりやすい。ということは、従業員が毎日しっかりと苺と向き合って、本当にいい状態で収穫する必要があるということ。必然的にお値段も高くなるのです。

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

お味はというと・・・濃厚ジューシーで口いっぱいに酸味より若干勝った甘みが広がります。

美味しい・・・大きくてもしっかりとした太陽をいっぱい浴びて育った南の国の果実のよう。

シャンパンにちょっと合わせて飲んでみたけれど・・・もったいない。

それだけでいただきたい苺でした。

食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5

苺はカロリー控えめながら、ビタミンCやアントシアニン、アミノ酸などが豊富な、たまに野菜に分類されることもあるフルーツ。

健康に過ごしてほしい、遠くにいるなかなか会えない大切な方へ・・・。

こんな思いが詰まって誕生した、希少なルビーのような苺を贈るなんて粋なサプライズ、喜んでもらえるに違いありませんね。

※掲載情報は 2021/03/31 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べて旅して綺麗になろう:宮崎県編PART5
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

齋藤実那

ライター/フードアナリスト/ソムリエ

齋藤実那

2010年航空会社を退職後、1分間で3000セット販売するショップチャンネルゲストに転身。
大手出版社ライター、ファッションサイト創業メンバーを経て、現在はインポートコスメを扱うエム・アール・アイにて広報を担当。
リバイタラッシュアドバンスジャパンをQVCにて紹介中。
2015年より日本に上陸をしたアッカーメラルのファインワインオークションの司会を担当。
ソムリエとしての知識をブラッシュアップ中。

広告代理店 取締役
アッカーメラル ワインオークション司会
ソムリエ・フードアナリスト
リバイタラッシュアドバンスジャパン ブランドアンバサダー(QVC出演中)

次へ

前へ